Pocket

最近では様々な素材を使った枕や抱き枕、足・腰枕、さらには自分に合ったオーダーメイドの枕が作れるなど、寝具も新しいものがどんどん取り入れられていますね。

特に枕は気を遣っている方も多いと思いますが、不眠、肩こりや頭痛、イビキなど身体を休めているはずなのにも関わらず、身体の不調が出てしまうといった悩みを持っている方の多くは枕が合っていない可能性があります。

さらに枕が合っていないことは身体の不調だけではなく、白髪の原因になると言われているのですが、それはなぜでしょうか。

 枕が原因で白髪を増やすってホント?

枕1
元々布団や枕というのは、人間が二足歩行をするようになり、重力が掛かる関係で骨もそれに応じるようにS字へと進化をしていったのですが、寝ている状態でもそのS字の状態を保てるよう、首筋の隙間を埋めるために枕が作られました。

枕の当て方というのもあるかもしれませんが、睡眠時間を十分取ったはずなのに、朝起きてもだるさが残っていたり、肩こりや首が痛いという経験ありませんか?それは枕が合っていない証拠で、合っていない枕は身体の不調や睡眠を妨げることに繋がってしまいます。

睡眠を取ることは身体の健康を維持するためにも欠かせないことですし、白髪の予防・改善にもとても大切です。しかし、枕によって快眠できず、さらには白髪を増やしてしまう原因にもなると言われているのですが、なぜでしょうか。

 枕が合っていないと白髪に繋がる理由

自分に合った枕を使っていない場合、白髪が増える可能性があるといわれているのかというと、「血流の滞り」にあります。血液、血行は黒髪を育てるためにとても重要なものですが、なぜ枕が合っていないと血液が滞るのでしょうか。

低すぎる枕を使っている場合だと、心臓よりも頭が低くなってしまうため、頭に血が上ってしまい血液が滞ってしまいます。

また、高すぎる枕はあごが引けてしまうために、この姿勢も首から上の血流を滞らせてしまいます。

血流が滞るということは、健康な黒髪を育てるための栄養や酸素を運ぶことができなくなってしまいます。髪は血余、余った血で作られ、血液や栄養、酸素も生命活動に必要な所から使われてしまうので、髪は後回しになってしまいがちです。

血行不良を起こしてしまうと、毛乳頭まで栄養や酸素が届かなくなってしまいます栄養や酸素が届かなくなると細胞の機能も低下してしまうので、抜け毛や白髪の原因になってしまいます。

髪を育てるために働いてくれている細胞は何度もお伝えしていますが、髪を成長させるのが毛母細胞、髪に色を付けてくれるのがメラノサイトです。これらの細胞が機能低下してしまうことは健康な黒髪が育たなくなってしまいます。

枕による白髪の原因は血行不良だけではない!

枕2
また、自分に合った枕を使うだけではなく、枕の手入れも重要です。

汗や皮脂汚れが付いたままの枕を使い続けると雑菌が繁殖しやすくなり、さらには活性酸素を発生させたり、毛穴詰まりの原因となります。

活性酸素は細胞を酸化させ、老化を促すため白髪を発生させてしまう可能性がありますし、毛穴詰まりも頭皮環境が悪くなるため健康な髪が成長しなくなることも考えられます。

それだけではなく、毛穴が詰まった状態の頭皮は細胞のDNAを損傷するリスクを高めると言われているため、抜け毛や白髪の原因となる環境を作りやすくしてしまうことから、小まめに手入れすることをオススメします。

そして、良質な睡眠も白髪を改善するためにはとても大切なことです。合わない枕を使っていることにより、身体の疲れが抜けきらなかったり、眠りが浅くなってしまっている場合があります。しっかりと睡眠を取ることはアンチエイジングのホルモン、「成長ホルモン」の分泌を促してくれます。

アンチエイジングは老化からの白髪予防や改善に繋がりますし、成長ホルモンは年々分泌量も減ってきてしまうので、しっかりと睡眠を取ることで分泌量を維持させることも重要です。

自分に合った枕の選び方とは?

自分に合った枕ってどうやって見つけるの?と思う方も多いと思いますが、
ポイントとして4つあります。

 高さ

これは先程説明したように、高すぎても低すぎても血流を悪くしてしまいます。
高さの理想としては首と布団の角度が15度程度と言われています。

 横幅

寝ている間に寝返りをうった時に背骨の状態を維持できる程度の横幅が必要になるので、肩幅程度の横幅があると寝返りをした際にも安心です。

 硬さ

柔らかすぎる素材は頭が沈み込んでしまいますし、硬い枕では頭部を支えるだけで首に負担がかかってしまうため、高さと合わせて素材選びをする必要があります。

 通気性

頭部は冷やし、足は温めた方が健康に良いとは昔から言いますね。そのため枕も通気性が良いものを選んだ方が良いと言われています。

これらの点を参考に、自分に合う枕を見つけてみて下さいね。

まとめ

快眠を促すためにある枕ですが、自分に合っていないものを使っているとせっかく身体を休めていても、実は休まっていなかったという方が多いです。さらに白髪を誘発させる可能性を考えるとやはり日頃から自分に合った枕を使うことが身体も髪にも良いです。

また、枕の使い方も重要で、頭だけ乗せるのではなく首まで支えてあげるように使うのが枕の正しい使い方になります。

1日の疲れをしっかりと取り、健康で若々しくいるためにも、今使っている枕が自分に合っている物かどうか確認してみると良いかもしれませんね♪

Pocket