Pocket

私も周りから言われたことがありますが、昔からよく言われている「白髪を抜くと増える」これは実際にどうなの?と思う人も少なくないと思います。

1本1本見つけては根元で切るというのも大変ですし、ついつい抜いてしまいがちですが、実際に白髪を抜いたら本当に増えてしまうのでしょうか?

また、白髪を抜く事による髪や肌への影響はあるのかもお伝えしていきたいと思います。

 白髪を抜くと増える?白髪を抜くことによっての髪や肌への影響は?

Q&A1
私も本数が少ないころは(鏡で見えないから少なく感じていたのかもしれませんが)毛抜きで白髪を抜いていました。ついつい気になって抜きたくなっちゃうんですよね。

ですが、周りからは「増えるよ~!」と言われて白髪を見つけては今度は根元で切ってみたり…。でも、中途半端に生えてくると、逆に目立ってしまったりして結果的にやっぱり抜いてしまうという繰り返しでした(;’∀’)

抜いてしまった方が気持ち的にもスッキリする感じはあるのですが、「白髪を抜くと増える」という噂は本当なのでしょうか?

 「白髪を抜くと増える」という噂はウソ!

そうなんです!「白髪を抜くと増える」という噂は実際はウソなんです!
髪や白髪のメカニズムを知っている人はこの噂がウソである事は既にお気づきだと思います。

白髪が生えてくるメカニズムというのは、メラニン色素の材料不足、メラニン色素を生成するメラノサイトの機能低下や色素幹細胞の枯渇から白髪が発生します。

髪に色が付くタイミングは髪が生成される際にメラニン色素が髪へと入り込む事で髪に色が付きます。髪の1本、1本に毛母細胞・色素細胞は存在しているので、抜いたからといって他の細胞に転移することもありません。そのため、白髪を抜いたからといって、白髪が増えるという事もないのです。

メラニン色素の材料不足やメラノサイトの機能低下なら、原因を改善すれば、再び黒髪が生えてくるということはありますが、色素幹細胞が枯渇するとメラノサイトを生成する場所がなくなってしまい、メラノサイトが完全に活動を止めてしまうとメラニン色素が生成されなくなってしまうので、この状態までになってしまうと白髪を改善して黒髪を取り戻すことが難しくなってしまいます。

そうなってしまうと抜いてもまた白髪が生えてきてしまうので、早めに予防・改善する事が大切です。

→白髪のメカニズムを詳しく知りたい方はコチラ『白髪のしくみと年齢との関係

増えないからといって、白髪を抜くのは良くない!!

Q&A1-2
白髪を抜いても増えないなら、少ないうちは抜いたほうが早いのでは?と考えてしまうかもしれませんが、白髪を毎回抜いてばかりいると今生えている髪に影響が出るというよりも、皮膚や細胞に影響を及ぼしてしまう可能性があるので、白髪を抜くことは今後生えてくる髪のためにもオススメはできません。

白髪を抜くことによる皮膚や細胞への影響とは?

Q&A1-3
1回白髪を抜く程度では皮膚や細胞に影響が出てしまうという事はほとんどありませんが、何度も繰り返すうちに影響が出てきてしまう可能性があります。

1つ目の考えられる影響は、抜けるのを待たずに何度も繰り返し白髪を無理に引っ張って抜いたことにより毛乳頭や毛母細胞が壊れてしまい、髪の毛自体が生えてこなくなってしまうことです。

白髪を抜くことにより一時的に見栄えは良くなりますが、繰り返し抜いていくうちに細胞自体が壊れてしまい、髪自体が生えてこなくなってしまったとなってしまうと元も子もないですよね。

2つ目は、1つ目と同様に繰り返し白髪を無理に引っ張って抜いたことによって毛穴辺りの皮膚や毛細血管が傷ついてしまい、そこに雑菌が入ってしまうと毛嚢炎などの皮膚の炎症トラブルを起こしてしまう危険性があります。

数が少ない、赤みや痛みがない場合は様子見になることが多いですが、赤みや痛みがあり広範囲に出てしまうとステロイド剤や抗菌薬などで治療する事が必要になってきます。

まとめ

白髪を抜いて増えないことが分かると気になって抜いてしまいたくなるかもしれませんが、逆に抜いたからといって白髪が減るわけでもありませんし、髪が生えてこなくなる・肌トラブルのリスクを負う事を考えると抜くメリットはありませんよね。

抜くことで改善されるのも次の髪が生えてくるまでの間なので、長期的な事を考えると白髪になる原因や生活習慣を見直し、メラニン色素やメラノサイトを活発化して予防・改善をしていく方が髪だけではなく美容や健康にも良いので、是非この機会に白髪を抜くことは止めて自分の身体と向き合ってあげてくださいね♪

関連記事:

Pocket