Pocket

「白髪が目立ってきたから染めたいけれども、白髪染めって暗い色ばかりでオシャレが楽しめない。ヘアカラーなら色味も豊富だし、ヘアカラーでは白髪を染めてはいけないの?」

と思う方は多いのではないでしょうか。

白髪染めだと染めた気がしないからヘアカラーで白髪を染めよう!と思っている方は「ちょっと待った!」ですよ~!ヘアカラーでは白髪は染まりません(´;ω;`)

今日はヘアカラーで白髪が染まらない理由やヘアカラーと白髪染めとの違い、他の染料の染まり方をご紹介していきます!

 ヘアカラーで白髪は染まらないのはなぜ?白髪染めとの違いとは?

ヘアカラー染まらない1
私も若い頃は髪色を明るくしてオシャレを楽しんでいましたし、せっかく染めるなら明るい色にしたい!というお気持ちはよーく分かります!

確かに白髪染めは暗めの色が多いですし、いくら明るめの色を選んだところでヘアカラーの明るい色には及ばないですよね。髪色もオシャレで楽しみたいという方には白髪染めは物足りない感じがあるかもしれません。

ですが、同じカラー剤でもヘアカラーは白髪染めと違って白髪を染めてくれないんです!同じカラー剤なのになぜでしょうか?

 ヘアカラーで白髪が染まらないのは染料の薬剤の種類や配合が異なるため!

ヘアカラーと白髪染めは両方ともジアミン系成分が含まれている『酸化染料』に分類されます。同じ酸化染料なのに白髪染めは白髪も黒髪も染めることが出来て、ヘアカラーは黒髪だけしか染められないのはなぜでしょうか?

それは『それぞれの製品の目的とそれに合った薬剤の種類や配合』によるからなんです!

ヘアカラーの目的はおしゃれ染めであり、『黒髪を染める』役割を持つ製品です。一方白髪染めの目的は白髪の改善であり、『白髪を染める』役割を持っています。

酸化染料は、『白髪染めで髪は傷む?その原因は?』でもお伝えしたように、酸化染料と過酸化水素を混ぜた混合液を塗ることにより、その製品の髪色に染まるようになっていますが、黒髪を染める時は特に『脱色』をしなければその薬剤の色が発色しにくくなってしまいます。

それに対して白髪はすでにメラニン色素が沈着していない状態のため、脱色という作業は必要なくなってしまいます。むしろ白髪染めに欲しいのは白い髪を染める染毛力の方が欲しいのです。

つまり、黒髪を染めるヘアカラーは脱色の力が強く配合されており染毛力は脱色に比べて弱めな配合、白髪を染める白髪染めは脱色の力を弱く配合して染毛力を強めな配合としています。そのため、ヘアカラーで染めても白髪が染まってくれないのです。

白髪の量によってはヘアカラーでも対応が可能?

「ヘアカラーでも白髪が染まった」という声があるのは、おそらく白髪の量が少なく、染めた髪色も茶色の明るいような色なら白髪がその髪色に混ざり隠れてしまったということだと思います。

白髪の量が少ないのであれば、ヘアカラーでも隠すという意味での対応はとることができますが、白髪の量が増えてきているのであれば、ヘアカラーで隠しきれないため、白髪染めで染める方がしっかりと白髪を染めることができます。

ヘアカラーが染まらないならヘアマニキュアは染まるの?

ヘアカラー染まらない2
ヘアマニキュアは髪の内部に薬剤を浸透させて染めるわけではないので、白髪も黒髪も染めてくれます。

ですが、染料が肌に付いてしまうと落ちないために根元から少し間隔を空けて塗っています。そのため白髪や元の髪色が1・2ミリ程出ているので、染めたてはさほど気にならなくても伸びてくるにつれてだんだん気になってきます。

また、ヘアマニキュアでコーティングされた髪は染まりあがりはコーティングされているのでサラサラ感がある髪になりますが、毎日のシャンプーでヘアマニキュアと一緒に髪のキューティクルまで落としてしまうので、ヘアマニキュアが落ちきった後の髪はバサバサした状態になりがちです。

ヘアマニキュアはヘアカラーに比べれば色持ちが短いので、白髪が目立ってきて回数も頻回になり、さらにキューティクルが剥がれるのを阻止するために何度もヘアマニキュアを行うという事となれば、コストも時間もかなりかかってしまいます。

ヘナカラーはコツがいるけど、髪や肌には優しい!

ヘアカラーや白髪染め、ヘアマニキュアなどの染料の中で一番髪に優しいとされるのがヘナカラーです。藍色に染めるインディゴで植物アレルギーなどに反応してしまったという事はありますが、100%ヘナの場合アレルギー症状が起こるという事例は少ないです。

その分染める時間は平均で2時間と長く、他の染料に比べて自然の力で染めるため1回の染毛力も弱く、色味も赤オレンジ色です。ヘナは黒髪を染めることはできないので、綺麗な髪色を出すには回数(回数を重ねればだんだんと色が付いて、色も黒髪と混ざり赤茶色になります。中には発色を綺麗にするために一晩置く方もいるそうです。)とコツが必要になってきます。

慣れるまでは大変ですが慣れれば、ヘナは頭皮環境も良くしてくれるので止められないという方も多いみたいですね。

まとめ

当サイトではあくまでも「髪や肌に優しい白髪を改善する方法」なので、ヘアカラーも白髪染めもオススメはしません。髪や肌に優しい方法はある程度期間がかかるため、一時的なものとして使用するのであればまだ良いかもしれませんが、ヘアカラーも白髪染めもジアミン系成分が含まれている染料です。

また、ヘアマニキュアは酸性染料なので平気なのでは?と思うかもしれませんが、ヘアマニキュアに含まれるタール系成分も髪や肌、身体には良くありません。

この先20年・30年…ヘアカラーや白髪染めをし続けたら髪や肌、身体の中はどうなってしまうでしょうか?

いつまでも綺麗で、かっこ良くて、健康でいるためにも早めの白髪予防と現在ヘアカラーや白髪染めなどをしているという方は少しずつ頻度を減らして、止めれるようになってほしいですね♪

関連記事:

Pocket