Pocket

髪や肌に優しいとヘナカラーが登場して認知が広まり、近年では「香草カラー」「和漢彩染」など天然素材を使用していると言われるカラー剤も出てくるようになりました。

「香草」や「和漢」と聞くと、自然由来で髪や肌に優しそうと思うかもしれませんが、この2種類のカラーはどのような成分が使用されているのでしょうか?

髪や肌に悩みがあったり、アレルギーを持っている方はこういった天然素材系の名前を見てしまうと気になってしまいますよね。素材選びに間違わないためにも今回は香草カラーの成分や和漢彩染の成分、本当に安心して使用できるカラー剤なのかをお伝えしていきたいと思います!

 香草カラーや和漢彩染の成分とは?ジアミンは含まれない?

香草カラー・和漢彩染1
髪が傷んでいる、肌が弱い、ジアミンアレルギーを持っているという方やヘナに抵抗があるという方は「香草カラー」「和漢彩染」、気になりますよね!

ヘナカラーは100%天然素材であり、美容室や自宅でもできるというメリットもありますが、時間も手間もかかるために続かないという方も多いです。ヘナカラーのデメリットを少しでも軽減してくれる染料が出てくれないかと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで登場してきたのが「香草カラー」と「和漢彩染」です。これらのカラーの成分はどのようなもので出来ているのでしょうか?またジアミンなどの髪や肌、身体に悪影響を及ぼす成分は含まれていない、安全なカラー剤なのでしょうか?

香草カラーとは?香草カラーの成分や特徴

香草カラーは名前の通りで香草を使用したカラーで、カモミールやセージなどの植物や漢方を使用したものに、必要・もしくは髪によいとされる化学成分を配合したものです。

香草の特徴は白髪染めカラーシャンプーやトリートメントと同様で、髪や頭皮に良いとされるものを使用しているので保湿効果や血行促進、髪にハリやツヤを与えてくれます。

化学成分に関しては基本的には界面活性剤や防腐剤、香料を使っておらず、ヒアルロン酸やコラーゲンなど髪に良いとされる化学成分を配合しています。そのため、染料の形状は粉末状になっているのも特徴です。

しかし、製品によって異なる点があり、それが「髪を染める成分」なのです。

発色を良くするためにジアミンを含んでいるものもあれば、ヘナ・インディゴとHC染料を使っているものなど様々なため、染める際は染料に何が使われているのか確認する事をオススメします。

和漢彩染とは?和漢彩染の成分と特徴

和漢彩染も基本的には天然素材を主に使用しており、「傷み・臭い・しみる」をできる限り軽減するのを目的として作られ、水・植物や漢方・小麦粉やコーンスターチといった自然食品と染料からできています。

和漢彩染も香草カラーと同様に粉末状で化学成分が少量なりとも入っています。アルカリ剤(キューティクルを開くのに必要な薬剤)・界面活性剤・過酸化水素が含まれないというのが特徴ですが、施術の内容によっては過酸化水素を使用したり、元々和漢彩染に含まれる過酸化水素よりも低刺激の過ホウ酸ナトリウムで酸化重合を起こし、発色や色を定着させる場合があります。

また、発色を良くするために必要最低限ではありますがジアミンも含まれているため、ジアミンアレルギーの方は和漢彩染を使用することができません。

ヘナや香草カラーと違い、和漢彩染は美容院などのサロンでのみの取り扱いになります。

香草カラー・和漢彩染とヘナとの違い

ここまで、香草カラーと和漢彩染の成分や特徴についてお伝えしましたが、ヘナとの違いはどのような点があるのでしょうか?

・ヘナは天然素材100%に対し、香草カラーや和漢彩染は少量の化学成分を含む。
・ヘナは色の種類が少ないのに対して、香草カラーや和漢彩染は色の種類が豊富。
・パーマなどの施術もヘナ後はかかりづらいがパーマなどの施術も可能。
・ヘナは臭いもあり放置時間も長いが香草カラーや和漢彩染は臭いもなく放置時間が短くても色が入る。

 全ての香草カラーや和漢彩染が100%天然なわけではない!染める時は要注意!

香草カラー・和漢彩染2
ジアミンアレルギーの方は肩を落としたかもしれませんが、香草カラーや和漢彩染の全てが100%天然素材ではなく、少量の化学成分やジアミンが含まれています。

ヘナの発色を良くするためには回数を重ねないといけない、時間や手間がかかるということを最小限の化学製品やジアミンでカバーしたものが香草カラーや和漢彩染になると考えた方が良いでしょう。

そのため、香草カラーや和漢彩染で染める場合は配合されている染料に注意しなければなりません。

まとめ

香草カラーや和漢彩染は、近年ヘアカラーや白髪染めによる髪の悩みの増加や肌荒れなどのトラブルが起きてしまう人が増加傾向にあることから、できる限り髪や肌、身体にも影響を少なくした『低刺激』のカラー剤として出てきたようです。

ヘナよりも香草カラーや和漢彩染の方がカラーバリエーションも豊富なため、白髪も染められて尚且つカラーも楽しめるというのはとても魅力的な点ではありますが、やはり少量でも化学成分が含まれているのであれば、活性酸素を発生させてしまいますし、100%安全とは言い切れません。

ジアミンアレルギーの方は特に注意をしなければいけませんが、ヘアカラーや白髪染めで染めるよりは、香草カラーや和漢彩染でカラーをしつつ、日頃から抗酸化作用があるものを取り入れるなどして活性酸素を溜めさせないようにした方が、髪や肌、身体には良いでしょう。

関連記事:

Pocket