Pocket

「白髪染めは暗い色ばかりで嫌」と思っている方は多いのではないでしょうか。

管理人も若い頃は明るい色に染めていて、明るい色に慣れてしまうと色を暗くした時に老けて見える感じがして、また明るい色に染めたりしていました。

ヘアカラーが1つのオシャレとして当たり前になっている現在、できるのであれば白髪も改善して尚且つオシャレも楽しみたいと思ってしまいますよね。

ではこれらの悩みを同時に解決してくれる方法はあるのでしょうか?

 白髪を明るい色に染める方法はある?

明るく染める1
管理人は長年明るく染めていて、ヘアカラーの肌や髪への危険性を知ったことと黒髪も良いなと思えてきたタイミングが合ったというのがあり染めるのを止めましたが、明るい色に髪を染めたり、自分が好きな色に染めたいという気持ちはとても分かります!

白髪染めは近年様々な色味が出てきましたが、それでもやはり色のトーンは暗い色ばかりですね。ではヘアカラーはというと、カラーバリエーションは豊富ですが白髪はほとんど染まらないので、少ないうちは隠すという意味では使えても、白髪の量が増えてくれば隠しきれなくなってしまいます。

白髪と黒髪を同時に明るく染める方法があれば、白髪も改善しつつオシャレも楽しむことができて一石二鳥ですが、実際に白髪を明るく染める方法はあるのでしょうか?

なぜヘアカラーでは白髪が染まらないの?

ヘアカラーで白髪は染まらない?』の記事でもお伝えしたように、ヘアカラーと白髪染めは目的が違い、ヘアカラーは黒髪を染めて色を変えるのが目的で白髪染めは白髪を染めるのが目的というお話をしました。

そのため、ヘアカラーも白髪染めも同じ酸化染料ではあるのですが、薬剤の種類や配合が異なってきます。

ヘアカラーは黒髪を染めるために脱色をする力を強くし、染毛力は脱色する力に比べて弱めな配合、白髪染めは脱色がほとんど必要がないため、脱色の力を弱くした分染毛力を強めな薬剤を配合しています。

そのため、白髪をヘアカラーで染めても色づきが薄かったり、すぐに色落ちしてしまうといったような状態になります。

 髪が傷む、身体には良くないけどヘアマニキュアは?

明るく染める2
ヘアマニキュアはヘアカラーと違って酸性染料になるので、髪を脱色するのではなく、髪の外側からコーティングして染めるという染まり方をします。そのため白髪も黒髪も関係なく染めることができますが、シャンプーをすればするほど色が落ちてくるので、ヘアカラーに比べて色持ちは悪いです。

また、ヘアマニキュアはヘアカラーと違う染料でタール系色素が含まれており、タール系色素は皮膚吸収しやすいものもあるため、誤って肌に付けてしまうと色が落ちなくなるだけではなく、内臓疾患や皮膚病、アレルギーを起こす可能性もあると言われています。

さらにシャンプーをする度に髪のキューティクルも一緒に剥がしてしまうため、何度も繰り返すと髪がゴワゴワになるということもあります。

 ハーブや漢方などの天然由来が入った香草カラーや和漢彩染は?

明るく染める3
香草カラーや和漢彩染は髪に良いとされるハーブや漢方を配合し、界面活性剤や防腐剤などの化学成分は含まないという天然素材100%のイメージがありますが、染料は商品によって異なりジアミンを使っているものもあれば、ヘナやインディゴなどを使用しているものもあります。

そのためジアミンアレルギーの方は香草カラーや和漢彩染で染める時は注意しなければなりません。

香草カラーや和漢彩染はジアミンや化学成分を必要最低限で配合しているため、ヘアカラーやヘアマニキュアに比べればカラーバリエーションも少なく明るさは欠けますが、ヘナに比べれば染まりやすく色の種類もあるため、白髪染めで染めるよりは肌にも優しいですし、色味も楽しめます。

 今話題の白髪染めシャンプーやトリートメントは?

香草カラーや和漢彩染と同様に肌や髪に優しいといわれる白髪染めシャンプーとトリートメントですが、香草カラーや和漢彩染と違い、ジアミンは一切使わず塩基性染料とHC染料を使って染めるのが白髪染めシャンプーとトリートメントの特徴です。(商品によっては塩基性染料ではなくヘナを使用しているものもあります。)

塩基性染料もHC染料も酸化染料や酸性染料に比べ、肌や髪に優しい染料と香草カラーや和漢彩染のようにハーブなどの天然素材が豊富に含まれていますが、カラーバリエーションは香草カラーや和漢彩染に比べ、少ないですが明るめの色(ライトブラウン)の商品もあります。

ただし、ジアミンが含まれない分染毛力には欠けるので、1度で染めるというよりも何度も繰り返し行う事で髪が染まります。ジアミンアレルギーの方は香草カラーや和漢彩染よりも白髪染めシャンプーやトリートメントの方が安心感がありますね。



 天然素材100%のヘナは?

稀にインディゴで植物アレルギーが出てしまったという症例はありますが、基本的にはアレルギーなどが出づらいのはヘナです。ただし、天然染料の力を使うため染毛力は弱いので最初のうちは何度も染めることが必要になってきます。

カラーバリエーションもヘナだけでは赤茶に染まるだけなので明るさはあるものの、色んな色を楽しみたいという方には飽きが来てしまうかもしれません。

時間も回数もと手間がかかるヘナですが、回数を重ねると黒髪にだんだん馴染みますし、頭皮環境も良くしてくれるので、肌や髪の状態を最優先にさせたいという方にはオススメです。

まとめ

どの染料もメリット・デメリットはありますが、成分の良しあしに関わらず明るく染めたいというならやはりヘアマニキュアが白髪も黒髪も染めてくれますし、明るさ、カラーバリエーションもあります。

ですが、白髪を染める為と考えるとこの先20年、30年も月に2回程度染め続けることと染めたては染料がコーティングしてくれているのでサラサラ感はあるかもしれませんが、それもシャンプーを繰り返せば染料と一緒にキューティクルまで剥がれてきてしまいますし、成分も決して良い物とはいえません。

色味や明るさには欠けますが、極力化学成分が少ない香草カラーや和漢彩染、白髪染めシャンプーとトリートメントを選んだりするか、コツを掴むまでは大変かもしれませんがヘナを選ぶ方が肌や髪、身体には影響も少ないです。

ただし、あくまでもこれらは髪を染めるというものなので、根本的な白髪の改善にはなっていないので、日頃から白髪の原因を探り、その原因を改善することが大切になってきます。

 

関連記事:

Pocket