Pocket

よくシャンプーやコンディショナーのCMで「アルガンオイル配合♪」なんて言葉を耳にしますが、アルガンオイルが白髪にも良いという話があります。

CMでは髪の保湿やツヤを出す成分として言われていますが、保湿やツヤを出す成分だけでは白髪の改善には繋がるとは言い切れませんね。

なぜアルガンオイルが白髪に良いと言われるようになったのでしょうか?

 アルガンオイルは白髪を改善する?

アルガンオイル1
パーマや縮毛矯正、カラーなど髪をオシャレにさせる様々なメニューが増えている現代、髪のパサつきやツヤがなくなったという悩みを抱えている方は多いと思います。

そんな中、できる限り髪や身体にも良い物を取り入れたいという健康・美容志向の人が増えたため、ノンシリコンやオーガニックなどの製品が市場に現れるようになり、様々な天然成分が配合されるようになりました。

髪の保湿やツヤを出したいという悩みを解決する商品は沢山ありますが、白髪を染めてくれるシャンプーやコンディショナーはあっても、白髪を改善するシャンプーやコンディショナーというのは未だに市場に現れていませんね。

本当にアルガンオイルが白髪に良いということがわかれば、白髪に悩んでいる方には朗報ですね♪

ですが、そもそもアルガンオイルとはどのようなものなのでしょうか?

アルガンオイルとは?

アルガンオイルとはアルガンノキというアカテツ科アルガンノキ属の広葉常緑樹の種子から採れるオイルで古くからモロッコの人に親しまれてきました。「モロッコの黄金」とも呼ばれ、モロッコの人の間では食用油から薬用としての油や化粧品にも使われていました。

テレビでヤギが木に登っている光景を観たことがありませんか?あの木がアルガンノキです。

モロッコの南西部にしか生育しておらず、アルガンの実30kgに対してアルガンオイルは1Lしか採れないとても希少なものとされています。

アルガンオイルの何が良いの?

アルガンノキが存在するモロッコは「美肌の国」としても有名ですが、アルガンオイルの何が良いのでしょうか?

アルガンオイルに含まれる成分は、

アルガンオイルの主成分とされているのは「オレイン酸」で不飽和脂肪酸という成分で、血液内の中性脂肪やコレステロールの調整、アレルギーの緩和や便秘・肌荒れに良いと言われています。

その次に含まれている成分が必須脂肪酸の「リノール酸」です。必須脂肪酸は健康維持に必要な脂肪酸で、体内で作ることができず、食べ物から摂取するしかない栄養素です。必須脂肪酸は細胞膜やホルモンを作る働きをしてくれます。

オレイン酸やリノール酸以外にもトコフェノール(ビタミンE)、カロテン、キサントフィル、トリテルペンアルコール、ステロールが含まれています。これらの成分もとても優秀な働きをしてくれるんです!

トコフェノール(ビタミンE)→抗酸化作用、アンチエイジング効果、コレステロールの抑制
カロテン→抗酸化作用、アンチエイジング効果、視力回復
キサントフィル→抗酸化作用、肌荒れ改善、がん予防
トリテルペンアルコール→アンチエイジング効果、肌荒れ改善、抗菌・抗炎症作用、がん予防
ステロール→生活習慣病予防・改善、免疫力向上

の作用があります。

どの成分にしても、白髪の予防・改善には欠かせない成分が入っており、老化を促進させる活性酸素を除去してくれる力はとても高いです。

アルガンオイルの欠点?

アルガンオイル2
アルガンオイルの凄い点は顔や髪だけではなく、全身に使える万能オイルという点です。しかしながら、欠点もあります。

・商品によって差はありますが、独特の香りがあり、苦手な方は使い続けるのが大変。

・アルガンの実30kgに対し、アルガンオイルは1Lしか採ることができない希少なオイルなため、値段が高価。

・アルガンノキはモロッコの南西部の一部にしか生育しておらず、その本数も年々減少している中で、アルガンオイルブームが起きてしまったため、粗悪品も出回っている。

・種からオイルを採り、不純物を取り除いただけのものだと効果も高いですが肌に合わず、かゆみやニキビができたりする可能性がある。

このような欠点があるため、購入する際には粗悪品にも気を付けなければなりませんし、量が多い物を購入してしまい、香りや肌に合わなかったということにも気を付ける必要があります。

アルガンオイルが白髪の改善に役立つといわれる理由

アルガンオイルは先程の成分を見た通り、抗酸化力やアンチエイジング効果がとても高いです。モロッコが美肌の国といわれるだけの成分が入っているので、使い方は肌や髪に塗るだけではありません。

不飽和脂肪酸のオレイン酸と必須脂肪酸のリノール酸にある、中性脂肪やコレステロールの調整や細胞膜やホルモンの生成、ステロールの生活習慣病予防など肌や髪に塗るだけでも効果があるの?と疑問に思う方もいると思いますが、アルガンオイルは商品によっては食用に適しているものもあります。

食用として適しているオイルであれば、1日大さじ1杯を目安にして、ドリンクやヨーグルト、パンやドレッシングに混ぜて摂るものオススメです。

アルガンオイルに含まれているどの成分も白髪の原因の予防・改善してくれる作用や効果を持っています。コスメ用のアルガンオイルであれば、頭皮マッサージに使い、食用のアルガンオイルであれば身体の内側から白髪の原因予防・改善のケアをすることができるのが白髪にも良いと言われる理由です。

まとめ

アルガンオイルもアロマと同様に白髪を改善するというよりも、白髪の原因となるものから予防・改善をしてくれる作用や効果を得られるものでした。白髪の原因となるものをすべて改善するということはとても難しいことなので、白髪の原因となるものを見直せるものは見直し、難しい場合はこのように予防・改善の効果効能をもつものに頼るのも1つの方法ですね。

ただし、アルガンオイルは美容業界でブームが起きたために粗悪品も多いですし値段も高価なため、購入するときは注意してくださいね。

関連記事:

Pocket