Pocket

「鏡を見たら白髪を見つけてしまった…!」、「また白髪が増えてる…。」それだけでも気持ちが落ち込みますが、よくよく見てみると『毛先だけ白髪』の髪や『途中だけ白髪』の髪を見つけたことはありませんか?

丸々1本が白髪の髪もありますが、白髪と黒髪が混ざっている髪もありますね。

白髪と黒髪の混ざり方にもよるのですが、なぜそのような髪の生え方があるのでしょうか?

 毛先や髪の途中だけに白髪…その理由は?

毛先だけ白髪1
髪というのは毛周期(ヘアサイクル)があり、成長期・退行期・休止期の3つに分かれ髪の成長する時期から自然に抜け落ちるまでの時期を合わせると3年~6年と言われています。

よく白髪は死んだ細胞とは言いますが、白髪でもこのヘアサイクルは存在しており白髪になったからといって髪が伸びなくなるわけではありませんよね。その髪が伸びていく中で1本全体が白髪の場合もあれば、根元は黒いけど毛先だけ白い髪や根元は白いけど毛先だけが黒い髪も見つかることがあります。

こういった白髪と黒髪が混ざった1本の髪を見ると、東洋医学でいう「白髪は生きている」というのがよく分かると思いますし、そういう髪があるということは白髪を改善できる可能性があるというサインなのかもしれません。

白髪が生えてきたからといって諦めず、なぜこのような髪の色の付き方があるのかを知っておくと白髪を引き起こしてしまった原因と改善策が見えてくるかもしれませんよ♪

髪だけではなく、メラノサイトにもサイクルがあった?

髪には毛周期(ヘアサイクル)があるというのをお話ししましたが、2002年の日本香粧品学会の教育セミナーにおいて、ライオン(株)の霜垣 久夫さんが「白髪研究の現状と防止の可能性」という論文で、ヘアサイクルの髪が成長する時期にメラノサイトもサイクルがあることを確認したということを発表しています。

毛周期(ヘアサイクル)について詳しく知る→「ヘアサイクルとは?髪にも周期があります!

メラノサイトのサイクルとは、ヘアサイクルと同じようにメラノサイトが増える時期・メラニンを作る時期・メラノサイトが消失する時期があり、サイクルが潤滑に回っているようであれば、黒髪を生成し、潤滑に回らなくなってしまうと白髪を生成してしまうということを伝えています。

また、白髪の色素細胞を確認すると8割程度はメラノサイトが残っていることが分かっています。

つまり白髪が生えるのは髪1本にあたるメラノサイトが突然全て無くなるわけではなく、少しずつ減ってしまい最終的に無くなってしまうことにより白髪しか生えてこなくなってしまうということになります。メラノサイトが無くならないうちは、毛先だけ白髪になってしまっていたり、途中だけ白髪になっていたりという髪が存在するということです。

日本香粧品学会ホームページ→『日本香粧品学会
ライオン(株) 霜垣 久夫さん論文→『白髪研究の現状と防止の可能性
(論文閲覧には会員になる必要があります。)

 根元だけ白髪で毛先だけ黒髪なのはなぜ?

これはよく見かける髪の状態ではありますが、最初は黒髪だった髪が何らかの原因によりメラニン色素が生成されなくなってしまい、白髪になってしまってきている状態です。

この状態が続けばメラノサイトが少しずつ無くなってしまい、白髪から黒髪に改善することもできなくなってしまうため、メラノサイトが無くならないうちに改善する必要が出てきます。

 毛先だけ白髪で根元が黒髪なのはなぜ?

毛先が白髪でその後根元にかけて黒髪になっている場合は、以前は何らかの原因によりメラノサイトのサイクルに異常が生じ、メラニン色素が生成されなくなっている状態であったのが改善され、再びメラニン色素が生成されるようになったため、黒髪に戻ったといえます。

 黒髪の途中に白髪があるのはなぜ?

黒髪が生えている一部分だけが白髪の場合、最初はメラノサイトのサイクルが潤滑に回っていたために黒髪が生えていました。

しかし、途中何らかの原因によりメラノサイトのサイクルが異常を生じ、メラニン色素が作られなくなってしまい白髪が生えてきてしまったのですが、メラノサイトが消失しないうちに原因の改善があったためにメラニン色素が再び作られるようになり、黒髪に戻った状態です。

 これらの原因を解決すれば、白髪が改善される可能性がある!

毛先だけ白髪2
白髪になる時は髪1本分のメラノサイトが一気に消失するわけではないということが分かったのであれば、白髪が生えてきたからといって黒髪を取り戻すことができないわけではないですね。

早い段階でメラニン色素が作られなくなってしまった原因を改善することで、黒髪を取り戻すことが出来るということが分かりましたが、メラニン色素が作られなくなる原因とは何だったでしょうか?

それは「白髪のしくみと年齢との関係」でもお伝えした、髪の色が付けられなくなってしまう4つの原因です。

チロシン不足

メラノサイトの機能低下

血管から十分な栄養が摂れていない

色素幹細胞の消失

17型コラーゲンの摂取方法は残念ながら見つかっていませんが、白髪になったとしても早い段階であればメラノサイトが残っているということを考えると早期に改善すれば黒髪が取り戻せる可能性がありますね。

チロシンは食事やサプリメントからでも摂取することができますし、メラノサイトを活性化を促すのもビタミンB12・葉酸・銅が挙げられます。つまり栄養豊富な血液を作り、身体の血液の循環を良くすることが大切になってくるということです。

これらの栄養素がどのような食べ物で摂取できる?→「白髪を改善する方法【食事+サプリ編】

まとめ

近年様々な白髪の研究が行われていますが研究内容や東洋医学の考えを見ていくと、根本的な改善は食生活にあり、さらに食生活で摂取した栄養をしっかり届けるために生活習慣を整えてあげることが大切ということが分かりますね。

白髪が生えてきたからといって、白髪染めやヘアカラーで改善するのはすぐに対処できる分リスクも伴いますし、健康な髪を育てるための土台が崩れてしまう可能性もあるので、すぐに諦めずに早い段階で食生活や生活習慣を見直してあげることが重要になります。

関連記事:

Pocket