Pocket

オリーブオイルをはじめとした、ホホバオイルやアルガンオイル、ココナッツオイルといったオーガニックオイルが美容や健康に良いと注目を集めていますね。

便秘解消に良いとされている「亜麻仁油(あまに油)」もオーガニックオイルの1つで、健康番組でも取り上げられたことがあるオイルです。

この亜麻仁油が便秘解消だけではなく、美容や健康、さらには白髪の改善にも良いといわれているのですが、亜麻仁油とは一体どのようなオーガニックオイルで、なぜ白髪に良いと言われているのでしょうか。

 亜麻仁油が白髪を改善する?亜麻仁油ってどんなオイル?

亜麻仁油1
日本人の食文化や生活習慣が変わり、「生活習慣病」や「成人病」という言葉が知られるようになってからは、美容や健康の情報番組も増えたことで人々の健康に対する意識は近年とても高まっていますね。

美容や健康に対しての研究もどんどん行われており、自然界にあるもので美容や健康に良いとされるものがどんどん取り上げられているため、天然素材や無添加素材といったものを選ぶ人も増えていると思います。

オーガニックオイルも様々な天然素材のオイルがあり、健康や美容に良いと注目されています。その中でも亜麻仁油は多くの芸能人の方も愛用しているそうなのですが、亜麻仁油の効果効能はどのようなものがあるのでしょうか。

亜麻仁油とは…?

成熟した亜麻の種子から採れる黄色い乾性油(空気に触れると固まる油)で食用以外にも、油絵具に使われるバインダーや木製品の仕上げなどで使われています。

亜麻の種子を圧搾するか種子をつぶして溶媒を使い、抽出して採ることができます。亜麻仁油はオメガ3系脂肪酸のα-リノレン酸オメガ6系脂肪酸のリノール酸といった、健康維持に欠かせない必須脂肪酸が豊富に含まれています。

アルガンオイルも亜麻仁油と同じようにオーガニックオイルになりますが、アルガンオイルの主な成分は「オレイン酸」と「リノール酸」になるので、同じ脂肪酸でも栄養素が異なってきます。

アルガンオイルと白髪との関係は→「アルガンオイルって何?白髪の改善に役立つ?

亜麻仁油の成分

亜麻仁油の成分はα-リノレン酸やリノール酸が主成分ですが、それら以外にも身体に良いとされる栄養素が含まれています。

α-リノレン酸

リノール酸

オレイン酸

リグナン

食物繊維

などが亜麻仁油には含まれています。

 α-リノレン酸

美容や健康にとても効果があるといわれる栄養素で、不飽和脂肪酸の一種であるオメガ3系脂肪酸に分類されます。オメガ3系脂肪酸というとご存知の方もいるかもしれませんが、青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)に体内で変換されます

DHAは血管の細胞膜や血管壁を柔らかくし、EPAは血液を固まりにくくしてくれるので、血液をサラサラにしてくれます。また脳の神経細胞を刺激してくれるので、生活習慣病予防や認知症予防に良いと言われている栄養素ですね。

α-リノレン酸の効果効能

・子供の脳の発達を促す
・血流改善と血栓予防
・アレルギーの抑制
・アンチエンジング
・生活習慣病(コレステロール・血圧・糖尿病・動脈硬化)予防
・ガン予防
・うつの抑制
・ダイエット、美肌効果

といった様々な効果があります。

そのため幅広い年代の人に摂取することが必要であることを厚生労働省が伝えていますし、α-リノレン酸は妊婦さんにも良いとされ、安めぐみさんや永作博美さんも妊娠中は積極的に摂っていたと言われています。

 リノール酸

リノール酸はアルガンオイルでオレイン酸の次に多く含まれている成分でもあり、オメガ6系脂肪酸で細胞膜やホルモンを作る働き、動脈硬化予防や冷え性にも良いとされている栄養素です。

 オレイン酸

アルガンオイルの主成分でもあり、血液内の中性脂肪やコレステロールの調整、アレルギーの緩和や便秘・肌荒れに良いと言われている栄養素です。

 リグナン

リグナンは最近注目されている栄養素で、抗酸化作用と抗炎症作用を持っています。また女性ホルモンであるエストロゲンと同じような作用をもつ成分に変わってくれるため、更年期の症状を緩和してくれたり、免疫力を上げるにも良いとされています。

 食物繊維

亜麻仁油には水溶性と不溶性の食物繊維の両方が含まれているため、腸のぜん動運動を刺激し、便秘解消を促してくれます

 亜麻仁油の白髪改善に役立つ栄養素

亜麻仁油2
アルガンオイルと同様に亜麻仁油にも白髪に良いとされている栄養素が含まれています。

<α-リノレン酸>

血流改善、血栓予防→血流が悪くなると髪への栄養が届けられなくなってしまうことによる白髪の発生を予防・改善

生活習慣病予防→生活習慣病も血液の循環が悪くなってしまうことなどが原因のため、病気の予防、血流の改善をすることにより、白髪を予防・改善してくれます。

アンチエイジング→白髪の主な原因は老化によるものです。老化による細胞の機能低下を予防することで白髪の予防にも繋がります。

<リノール酸>

ホルモンを作る働き→成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれており、年々減少することにより細胞の若さも失われていきますし、女性の更年期の時期は女性ホルモンが急に減少することから白髪の増加に繋がるので、ホルモンを作る働きは白髪予防にもとても重要になります。

動脈硬化予防→α-リノレン酸でも伝えたように血流が滞ることにより髪に栄養を届けられなくなってしまうため、血管も元気に保つ必要があります。

<オレイン酸>

コレステロールの調整→コレステロール値が上がることも白髪の原因・増加に繋がる可能性があります。コレステロール値のバランスを良くしておくことは健康だけでなく白髪の予防・改善にも繋がります。

<リグナン>

・リグナンは強い抗酸化力を持ち、活性酸素を除去し身体の酸化を防ぐだけではなく、更年期の時期はさらに白髪も増えやすくなります。女性ホルモンの急激な減少を抑えることにより更年期の症状の緩和や更年期症状による白髪の予防・改善になります。

亜麻仁油の摂取量と注意点

亜麻仁油の摂取量はオメガ3系脂肪酸の食事摂取基準により、大さじ1杯が1日の摂取目安量になります。

亜麻仁油は便秘解消にとても良いオイルですが、摂り過ぎは逆にお腹が緩くなってしまうことがあるので、身体に良いからといって摂り過ぎには注意が必要です。

また、亜麻仁油は酸化しやすいオイルで、酸化すると身体に良くないとされるトランス脂肪酸に変わりやすいと言われています。そのため加熱してしまったり、日光に当てることは厳禁です。開封したら1ヶ月程度で使い切ることと、暗所保存、生で食べる(サラダやヨーグルト、納豆など)ことが大切です。

まとめ

アルガンオイルに続き亜麻仁油も身体だけではなく、白髪にも良いとされる栄養素が豊富に含まれていますね。価格としてはアルガンオイルに比べると亜麻仁油の方がかかるコストは低めですが、亜麻仁油を溶媒を使って抽出する場合、高温処理をしている可能性があるため、選ぶ際には低温圧搾の良質なものを選んだ方が安全性が高いです。

また日本人の食生活や体質上、α-リノレン酸がDHAやEPAに変換されにくく、変換するためには亜鉛やビタミンB群、マグネシウムなどの栄養素が合わさらないと変換されにくいといった点や、日本人は欧米人に比べ胃酸が少ないと言われている点もあるので、亜麻仁油を摂取する際はバランスの摂れた食事と共に摂取することが亜麻仁油の栄養価の吸収を上げてくれることに繋がります。

関連記事:

Pocket