Pocket

パソコンやスマホ、タブレットなど今の世の中は昔に比べるとかなり便利になりましたね。これだけ便利になった世の中でも、通信機器の進化は続いています。

しかし便利になった分、私達の身体には負担が掛かり、現代病である眼精疲労に悩まされている人がとても多くなっています。

眼精疲労は様々な症状を引き起こす原因となります。その症状の1つに白髪の増加があると言われているのですが、本当に眼精疲労が原因で白髪が発生してしまうのでしょうか?

 スマホやパソコンが原因?眼精疲労と白髪の関係とは?

眼精疲労1
管理人も昔は家の電話や手紙で連絡を取り合う時代を過ごしたので、昔に比べると本当に今の世の中は便利になったと思います。

今ではパソコンを導入している企業がほとんどで、パソコンを全く使わない仕事というのが本当に少なくなりましたし、連絡のやり取りも全てパソコンやスマホで済むようになってしまいましたね。

便利になった分、私達は画面を見る時間が増え、目を酷使するようになってしまいました。目を酷使することは、目が疲れるだけではなく体中の様々なところにも影響を及ぼします。さらに近年では目を酷使する行為が白髪の増加にも繋がると言われるようにもなりました。

眼精疲労とはどのような状態で、それによって身体にどんな症状を引き起こしてしまうのでしょうか。

眼精疲労ってどんな状態?

眼精疲労はパソコンやテレビゲーム、スマホなどの長時間の使用(VDT作業)や度の合わない眼鏡やコンタクトレンズ、老眼の初期段階や目の病気(緑内障や白内障)が原因であったり、環境やストレスなど原因は様々なものがあると言われています。

その中でも近年多く見られるのは長時間の視作業よりピントを合わせるために水晶体の厚みを変えてくれる「毛様体筋」が酷使されることによる眼精疲労で、眼痛や目のかすみ、充血だけではなく、全身にも様々な症状が現れ、休んだり、睡眠をとっても回復していない状態のことを言います。

眼精疲労による身体への影響

眼精疲労によって身体に現れる症状として、

・眼痛
・目のかすみ
・充血
・眼が乾く
・視力低下
・肩こりや頭痛
・まぶたが痙攣する
・吐き気や食欲不振

があります。

 眼精疲労が白髪の原因と言われる理由

眼精疲労2
眼精疲労の症状としては目を酷使しているために、目そのものへの症状が多いですが、なぜ眼精疲労が原因で白髪が発生する・増えると言われているのかというと、

①目の周りの筋肉の疲れやストレス

こめかみ周辺に白髪が生えやすいのは、目を酷使し過ぎて眼精疲労になったためと言われています。(詳しくは→「白髪が生える場所で身体の不調がわかる?【白髪Q&A】」)

目を酷使することにより、目の周辺の筋肉が凝ってしまったり、ストレスを感じてしまい目の周辺の血流が悪くなることにより、毛乳頭に栄養を届けることができずこめかみ周辺が白髪になってしまうことがあります。

②システイン不足

長時間目を酷使することは、網膜に負担をかけます。この負担を修復してくれるのがアミノ酸のシステインです。

システインは網膜のダメージを修復してくれるだけではなく、爪や髪の材料となるケラチンを構成する役割を持っています。また抗酸化作用も持っているので、目だけではなく、爪や髪にも欠かせない栄養素になります。そのため、システインが不足してしまうことにより健康な髪が育たなくなってしまう可能性があります。

③睡眠不足や質の良い睡眠が取れていない

人間が昼に起きて夜に寝るのはメラトニンというホルモンの分泌量が関わっています。

昼間はメラトニンの分泌量が少なく、夜になると分泌量が増えます。しかし、パソコンやテレビ、スマホのブルーライトの明るさは脳を昼間だと錯覚させてしまうため、メラトニンの分泌量が抑えられてしまいます。

メラトニンの分泌量が減ってしまうと、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなるなどの睡眠障害になる可能性もあります。

寝不足や質の良い睡眠が取れないと白髪の原因にも繋がります。人間は睡眠を取る時に成長ホルモンを分泌させます。成長ホルモンは若返りホルモンであり、白髪の予防・改善には欠かせないホルモンでしたね。(詳しくは→「アンチエイジングに有効といわれるアルギニン、白髪との関係は?【白髪Q&A】」)

筋トレをしなくても、人間が自然と成長ホルモンを分泌させられるのは睡眠時です。
そのためにも、寝る前にブルーライトは避けることが大切になります。

眼精疲労が原因の場合の対処法

眼精疲労による白髪の対処法として、本来であれば、長時間目を酷使しないようにすることが大切ですが、仕事などでそういうわけにもいかない時はありますね。そのため、眼精疲労と白髪との関係に挙げられていた点を改善することが対処法となります。

目を休憩させる時間を作る

頭皮マッサージで凝りや血流を改善する

システインの摂取で、眼精疲労予防・改善をする

寝る前にスマホを触るなど、ブルーライトが使用されているものは使わないようにする

まとめ

眼精疲労は通信機器の普及により、現代病の1つと言われていますが、自身が心がければ日頃から予防・改善することが可能です。通信機器が日々当たり前のように使われている世の中で便利でもありますが、自身の身体を守るのは自身でしかありません。

体調面に限らず、白髪の予防・改善のためにも心がけることはとても大切です。

しかし、眼精疲労以外にも白髪の原因と言われている事柄はたくさんあるので、ケアをしつつも日頃から食生活や生活習慣を整えるようにすることが様々な原因から白髪を発生させることを予防してくれます。

関連記事:

Pocket