Pocket

ニュース番組や生活情報番組、情報・バラエティ番組でも取り上げられていた「冷えとり健康法」ですが、皆さん「頭寒足熱」という言葉を聞いたことがありますか?

以前、当サイトでも簡単に取り上げましたが(詳しくは→『寝室にも白髪の原因!?合わない枕は白髪を増やすことに繋がる?【白髪Q&A】』)、頭部は冷やして足は温めた方が健康に良いと昔から言われています。それを基にした民間療法が冷えとり健康法です。

頭寒足熱を行うことで様々な病気や症状の予防・改善に繋がると言われているのにも関わらず、逆に冷えとり健康法を行うことで白髪が増えてしまったという声もあるのですが、それは一体なぜでしょうか。

 冷えとり健康法とは?健康法が白髪を増やすってホント?

めんげん1
冷えとり健康法は南果歩さんやベッキーさんが実践していることやテレビで取り上げられたことにより、注目を集め始めました。

テレビで取り上げられたのは4、5年程前でしたが、現在も冷えとり専門の靴下屋さんがあったり、冷えとりを実践している方のブログもあるくらいなので、実践している方は多いのではないでしょうか。

冷えとり健康法とは元医師である進藤 義晴さんが提唱した民間療法ですが、どのような健康法であり、なぜ白髪が増えてしまうことに繋がると言われているのでしょうか。

冷えとり健康法とは…?

冷えとりとは、先程お伝えしたように元医師である、進藤 義晴さんが提唱した民間療法であり、理学気功の施術の1つです。

理学気功とは…?

『理』にかなった『気』という生命的なエネルギーの流れをスムーズにしていく方法で、「気」のエネルギーと筋肉の反射であったり骨格のゆがみなどの理学的な現象と結びつけ、病気や症状へのアプローチをしていきます。

理学気功でいう、病気は毒素を排出出来なくなった状態のことを良い、気の流れを整えることで自然治癒力で毒素を排出できるようにするのが目的になり、それが健康でいられる方法であると言われています。

冷えとり健康法のメカニズム

冷えとりがどのように気の流れを整えてくれるのかというと、冷えとりとは冷え性の改善ではなく、身体の上半身と下半身の温度差があることを「冷え」と言います。

なぜ、この温度差が良くないと言われているのかというと、温度差が激しい状態にあると血行不良や酸欠に繋がり、冷えることにより筋肉が収縮し、それに伴い血管も圧迫されて血行が悪くなります

動脈の血行不良は細胞の酸欠や栄養不足、静脈なら老廃物や毒素が排出されにくくなってしまいます

また、冷えとりは東洋医学の観点からも考えられており、「気を巡らせる」とよく言いますね。気のエネルギーは陰と陽に分かれており、上半身と下半身の温度差が大きいと、

陰の気…冷たいところを好み、下から上にいく流れが滞る

陽の気…暖かいところを好み、上から下に行く流れが滞る

という状態になります。

すると、身体の自然な毒素を排出する機能が低下してしまうために、身体に不調が現れると言われています。

冷えとりの効果

めんげん2
冷えとり健康法は身体にどのような変化をもたらしてくれるかというと、

・糖尿病
・痔疾患
・胃腸病
・婦人病
・心臓病
・アトピー
・小児喘息
・骨のう腫
・傷の回復力

などが挙げられています。

冷えとり健康法は自然治癒力を向上させ、体内に蓄積された毒素を排出することにより、身体の不調を解消させるわけですが、冷えとりを行っている最中に身体に良いことをしているはずなのに、逆に症状が酷くなってしまったり、発熱や出血など病気ではないかと思うような症状が現れることがあり、それらの症状を「めんげん」といいます。

めんげんとは…?

健康法なはずなのに症状が悪化したり、病気のような症状が現れたとなると、「効果がなかった」、「本当に治るの?」と不安になってしまいますよね。

そのため、冷えとり健康法を実践する前には是非知っておいてほしいのが、「めんげん」です。

めんげんとは何かというと、「好転反応」のことをいいます。
東洋医学にはめんげんという考え方があり、冷えとり健康法は毒素を出すというのが身体の不調へのアプローチ方法ですから、身体から毒素を出すために一時的に症状として出るという考えです。

めんげんで現れる症状は様々で、軽度のものから重度のものまであります。
症状が出てしまうと不安になりがちですが、これらは一時的なものであり、毒素が排出されれば治まります

また、冷えとり健康法の実践法は後程紹介しますが、靴下に穴が開くのもめんげんであり、穴が開いた場所により身体の不調な箇所が分かると言われています。

冷えとりで白髪が増えるというのは…?

冷えとりで白髪が増えたという声がありますが、冷えとり自体は白髪を発生させる原因ではなく、むしろ冷えとりの効果として、上半身と下半身の温度差が解消され気の巡りを良くするという点から血液の循環を良くしてくれる作用があるので、血行不良による白髪を解消してくれるという可能性があります。

また、東洋医学的には血の巡りを良くすることは髪にとっても大切なことですし、冷えとり健康法は内臓の毒素なども排出してくれると言われていることから、腎臓や肝臓、消化器(胃)にも良いとされています

冷えとりを行うことにより、白髪が増えたといわれるのはめんげんで一時的なものであり、冷えとりによる白髪を発生させる要素はメカニズム上、むしろ血行不良による白髪などは改善する可能性の方があり得るのではないかと考えられます。

冷えとりのやり方

めんげん3
では、実際に冷えとり健康法とはどのように行うのかというと、

 ①半身浴

みぞおちから下(下半身)を37~39度のぬるめのお湯に浸かる。
時間は最低でも20分は入り、身体の芯まで温める。20分以上であれば、何時間でもOK。
ただし、長時間の入浴や夏場は水分補給をこまめに摂る。

 ②靴下を重ねて履く

絹の5本指ソックス→綿かウールの5本指ソックス→絹の通常のソックス→綿かウールの通常のソックスを重ねて履く。冷えが強い、体調が悪いという方はさらに重ねて履き、絹→綿かウールを交互に履けばOK。

 ③食事

食べ物には陰と陽があり、陰は身体を冷やす食べ物、陽は身体を温める食べ物。
身体を温める食べ物を積極的に摂った方が良いが、摂り過ぎは塩分の摂り過ぎにより、逆に血行不良になるため、ストイックになりすぎないように注意。

また、食べ過ぎは身体を冷やし、様々な病気の原因になりやすいため、よく噛んで食べ、腹8分目程度にすること。
(詳しくは→『【食事+サプリ編】・黒い食べ物と身体を温める食べ物』)

 ④心の状態

イライラやストレスを感じると、頭に血が上りやすくなるために、下半身が冷えてしまう状態を作りやすいため、心を穏やかにして過ごすことが大切。

まとめ

以前に当サイトで紹介した、エドガー・ケイシー療法でも排泄(老廃物や毒素)というのはとても重要であり、様々な病気から自身を守るとして重要視されています。
(エドガー・ケイシー療法とは?→『世界的に評価が高いオイル、ひまし油が白髪に効果的?【白髪Q&A】』)

冷えとりでも同様に排泄というのは、人間が健康でいるためには身体に蓄積される老廃物や毒素を排泄することが大切であることを伝えています。

白髪は様々な身体の不調と深い関わりがあることから、日頃から自分の身体と向き合うことが大切であり、日々自身の身体をケアしてあげることが病気だけではなく、白髪の予防・改善にも繋がることになります。

関連記事:

Pocket