Pocket

当サイトで何度かオーガニックオイルを取り上げていますが、どのオーガニックオイルも美容や健康への効果がとても優秀です(*^^*)

ホホバオイルはアロママッサージなどに使われていることで昔からご存知の方も多いと思います。アロマに使われているオイルでもエッセンシャルオイル(精油)とキャリアオイルに分かれているのですが、ホホバオイルはマッサージなどで使われるベースとなるオイルであるキャリアオイルになります。

マッサージとして良く使われているのであれば、美容や健康にとても良さそうですね。ホホバオイルもとても評価が高いオイルですが、白髪の改善に役立つのでしょうか。

 ホホバオイルとは?白髪の改善にも使えるオイル?

ホホバオイル1
ホホバオイルは雑貨屋さんなどでアロマのコーナーに行くとよく見かけるオイルですが、マッサージなどにも使われている植物油脂100%のオイルです。

近年、肌にも良いことからスキンケアとしても注目を集めるようになりました。

さらにホホバオイルはスキンケアだけではなく、ヘアケアとしても良いと言われ、頭皮マッサージに取り入れているという方もいるのですが、ホホバオイルとはどのようなオイルなのでしょうか。

ホホバオイルとは…?

ホホバオイルのホホバはアメリカ南西部からメキシコ北部が原産であり、ナデシコ目(以前はツゲ科やトウダイグサ科に分類)に属する常緑低木で、ホホバオイルはホホバの種子から採れます。

ホホバオイルの用途は幅広く、マッサージオイルやキャリアオイル、シャンプーや身体用の固形石鹸などに使われており、髪の毛や皮膚を乾燥から守ったり、保湿する作用があると言われています。

ホホバオイルの成分

ホホバオイルも他のオーガニックオイルと同様に様々な天然成分が含まれていますが、他のオイルと違うのは、オイルという分類にはなっていますが、主成分は「ワックスエステル」という成分で化学的に見ると、ロウ(液体のワックス)になります。

ホホバオイルはワックスエステルが含有率9割以上を占めており、それ以外に含まれている成分は、

ビタミンE

ビタミンA

カロチノイド

ステアリン酸

アラキン酸

パルチミン酸

オレイン酸

リノレン酸

などが含まれています。

ホホバオイルが肌や頭皮に良いと言われている理由

ホホバオイル2
ホホバオイルの特徴である主成分のワックスエステルは、実は人間の肌を構成している油脂の主成分とホホバのワックスエステルが同じ成分であるということが分かっています

人に含まれているワックスエステルは肌の角質に3割程含まれており、皮膚のバリアの層としての役割をし、皮膚から有害な物質の侵入を防ぎ、潤いや弾力を保ってくれます

ホホバの特徴に気づき、ネイティブアメリカンの人々が髪や肌を紫外線から守るために最初にホホバオイルを使用したことが始まりだと言われています。

また、ホホバオイルはビタミンEやAも含まれているために、抗酸化作用やアンチエイジング効果などが期待できることから肌や頭皮に良いとスキンケアやヘアケアに使われるようになりました。

ホホバオイルの効果

では、ホホバオイルがどのような効果をもたらしてくれるのかというと、

皮脂のバランス調整

保湿効果

殺菌、反バクテリア、抗炎症作用

乾癬や湿疹の改善

消炎作用(関節炎やリウマチなど)

といった効果があると言われています。

ホホバオイルはすべての肌質に使用することができる万能オイルで、肌の主成分とワックスエステルの成分が同一なことから、肌への浸透率も良いと言われています。

さらに保湿力が高く、皮膚を柔らかくして肌にハリや弾力を与えてくれることから、スキンケアだけではなく、セルライトや妊娠線の予防としても使われたり、殺菌や消炎作用でニキビや角栓を抑制、皮膚炎やアトピー、赤ちゃんのおむつかぶれなどにも有効なオイルです。

紫外線から守るバリア機能としても働いてくれるので、日焼け予防や髪を紫外線から守るといった効果もありますし、ホホバオイルに含まれるビタミンE・Aは抗酸化作用を持っているので活性酸素を除去し、アンチエイジング効果も高めてくれます。

 ホホバオイルが白髪に良いと言われる理由

ホホバオイルが白髪に良いと言われているのは、

肌への浸透性が良く、さらに皮脂バランスを整えてくれるため、余分な皮脂を落としてくれたり、分泌を調整してくれる

肌のハリや弾力をあえたる効果も頭皮には有効であるため、頭皮環境を整えてくれる

紫外線からのダメージや活性酸素から皮膚や髪を守ってくれる

ビタミンEやAの抗酸化作用やアンチエイジング効果

といった理由が挙げられます。

頭皮マッサージそのものが、頭皮を柔らかくしてくれたり、血行を促してくれることからも白髪改善に繋がる可能性があります。

ホホバオイルの選び方

ホホバオイル3
ホホバオイルを使うにあたって、どれを選んだらよいのか悩んでいるという方もいると思いますが、ホホバオイルは種類が2種類あります。

それは「精製」されたホホバオイルと「未精製」のホホバオイルです。

どちらを選ぶかは自身の肌質によって変わってきます。

精製されたホホバオイルは精製されている段階で不純物が取り除かれるため、肌が弱いという方には向いています。

精製されていく段階でビタミンがある程度除かれてしまうため、肌への刺激が少ないものの未精製のホホバオイルに比べるとワックスエステルの効果は変わらなくてもビタミンの効果効能というのは精製されたホホバオイルからは得にくいと考えられます。

また、農薬が含まれているホホバオイルも肌への刺激になる可能性があるため、注意が必要であることから、できるだけ肌への安全面も考えると「無農薬」のホホバオイルを選ぶことをオススメします。


まとめ

ホホバオイルは人の肌を構成している油脂と成分が同じことから、肌への浸透率も高いため、頭皮や髪のケアとしても安心して使えそうですね。

未精製のホホバオイルであれば、ワックスエステルの効果効能だけに限らずビタミン・ミネラルも含まれていますし、ビタミンやミネラルは身体に欠かせないものであり、美容にも欠かせません。

しかし、未精製のホホバオイルは不純物も含まれることから、自身の肌質をしっかりと理解しておくことが必要です。

また、オイルによるマッサージも日々のケアとして良いことですが、身体の内側からのメンテナンスも行うことも白髪の改善には重要になることから、栄養バランスなども気を付けたいですね(*^^*)



関連記事:

Pocket