Pocket

オーガニックオイルに関して当サイトでは様々なオイルを取り上げましたが、天然のオイルの力は本当にすごいですね。

馬油は昔からヘアセットの際に使用されたり、民間薬として親しまれたきたオイルですが、その馬油がシミやしわ、白髪や枝毛といったスキンケア・ヘアケアにも効果があり、馬油の頭皮マッサージが髪に良いと再び話題になっています。

昔から馴染みがある馬油ですが、改めて馬油にはどのような効果があり、なぜ白髪にも良いといわれているのでしょうか。

 馬油の効果とは?馬油マッサージで白髪が改善するってホント?

馬油1
馬油というのは昔から親しまれているオイルであることはご存知だと思いますが、近年、馬油が配合されたスキンケア製品やヘアケア製品が注目を集めています。

馬油は字の通り「馬の油」であり、馬から採れる油脂のことなのですが、昔は一般家庭に常備されている程、重宝する民間薬として親しまれていました。その馬油が現代では薬としての役割以外にも肌や髪のケアとしても良いと話題になっているんです!

昔も今も万能と言われている馬油ですが、馬油にはどのような成分が含まれ、どのような効果があるのでしょうか。

馬油とは…?

馬油とは、先程もお伝えしたように馬から採れる油脂のことで、馬のたてがみや皮脂脂肪層から採れた油です。元々は中国で馬油が漢方薬として使われていたことで日本にも伝わり、日本でも火傷やすり傷、かぶれなどの薬として、親しまれてきました。

その馬油が現代ではアトピーやニキビの治療や化粧品・ヘアケア製品にも使われるようになり、再び馬油は知名度を上げ、その効果が話題となっているのですが、馬油にはどのような成分が含まれているのでしょうか。

馬油に含まれる成分

馬油の成分は、

【飽和脂肪酸】

・ミリスチン酸
・パルミチン酸
・ヘプタデカン酸
・ステアリン酸

 
【不飽和脂肪酸】

・ミリストレイン酸
・パルミトレイン酸
・ヘプタデセン酸
・オレイン酸
・リノール酸
・リノレン酸
・イコセン酸

などが含まれています。

馬油に含まれる成分は、動物性の油脂の中でも不飽和脂肪酸を豊富にふくんでいるだけではなく、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の構成が人間の皮脂と似ており、さらには動物性の油脂の中でも唯一リノレン酸を含んでいるのが特徴です。

馬油の効果効能

馬油2
実は馬油は人間の皮脂に近い性質を持っているため、浸透力が高く、肌に塗ってもすぐに馴染みます。その高い浸透力から火傷以外にも肌や髪に良いと言われるようになり、浸透力以外にも様々な作用を持っていることから注目されています。

その注目されている馬油の作用とは、

 
抗酸化作用
 
抗菌作用
 
消炎作用
 
保湿作用
 
血液循環促進作用

があると言われています。

このような作用を持っていることから、

 
火傷、擦り傷などの治癒薬
 
かゆみ止め
 
美肌(しわ・シミ・そばかす・ニキビ・乾燥・肌荒れ)
 
美髪効果(薄毛・細毛・枝毛・白髪)
 
血流改善効果
 
鼻づまり解消
 
打撲、捻挫の緩和
 
血栓症予防
 
便秘解消

といった効果があります。

馬油が白髪に良いと話題になる理由

なぜ馬油が白髪に良いと話題になっているのかというと、先程お伝えしたように馬油は人間の皮脂と似ていることから塗った時の浸透力がとても高いです。馬油が皮下組織まで届くことにより持っている成分をしっかりと奥まで届けてくれるため、肌や頭皮、皮膚の一部である髪にも良いと言われています。

馬油に含まれる不飽和脂肪酸のバルミトレイン酸は皮膚の老化を抑制する効果があり、化粧品などに含まれていることから、外側からのアンチエイジング効果が期待できますし、摂取することでは動脈硬化や高血圧の予防・改善の効果を持つ脂肪酸です。

ヘプタデセン酸は摂取することで、乾燥やアレルギーなどの免疫疾患に良いとされているため、今後スキンケアの分野でも注目されそうな脂肪酸です。

オレイン酸は肌と同様の成分であるために浸透力が高いだけではなく、抗酸化力・保湿力も高いのが特徴です。

リノール酸は保湿や抗炎症作用をもつ脂肪酸で、肌に含まれる水分の蒸発を防ぐだけではなく、肌のバリア機能を高める効果を持っていますし、リノレン酸は肌の調整機能を保つ作用があると言われています。

馬油に含まれる脂肪酸の効果効能を見るだけでも、頭皮環境に限らず白髪の原因を改善してくれる作用も含まれており、浸透力が高いことから外側からのケアで白髪や薄毛、枝毛の改善といった美髪効果だけではなく、血流改善効果も期待できそうですね。

血流を良くすることがなぜ良いかというのは、いつもお伝えしているように健康な髪を育てるためには栄養豊富な血液とその血液を運ぶ血流が必要です。髪に栄養と酸素が届きづらくなってしまうと、白髪や薄毛といった髪の悩みの原因に繋がるため、血流を良くすることは身体の健康だけではなく、白髪の改善するためにもとても重要なことです。

どんな馬油を選べばよい?

馬油3
馬油が白髪を改善する可能性があるということは分かったけれど、馬油といってもどれを選んだら良いのか分からないと悩んでしまいますね。

馬油も色々な種類がありますが、やはり選ぶときに大切なのが「品質」です。
肌に使うものなので、できるだけ品質が良いものを使用した方がトラブルも少ないです。

馬油の品質が良いものってどういうこと?と思うかもしれませんが、それは「精製度」になります。

馬肉から油を取り出すことで馬油は採れますが、採れたばかりの馬油は酸化した油や化学物質を含んでいたりと不純物が多く入っています。そのため、ろ過や洗浄を繰り返すことで精製度が高い馬油が出来上がります。精製度が高ければ高いほど肌への浸透力も違ってきますし、不純物が少なくなる分肌トラブルなど引き起こす原因も少なくなります

まとめ

動物性の油脂の中でもダントツに不飽和脂肪酸を多く含んでいるのが馬油ですが、含まれている脂肪酸が人間の皮脂と似ているためにスキンケアやヘアケアの分野で再びブームとなりました。

昔から民間治療薬として親しまれていることもあり、副作用も少ないオイルですが、不飽和脂肪酸は酸化しやすいので使用期限(半年程度)を気を付けることや、馬アレルギーを持っているという方は注意が必要です。

また、ヘアケアとして馬油を使用する場合も、頭皮環境を良くする、血行促進の効果はあっても、血液への栄養や酸素は食べることでしか豊富にすることができないので、食生活の見直しも是非してみてくださいね。


関連記事:

Pocket