Pocket

卵というと栄養価も高く、身体を構成するために必要である栄養素が豊富に含まれているので身体にとても良いと言われている食べ物ですね。

卵は身体の健康だけではなく髪にも良いと言われており、育毛効果や白髪改善効果があると言われているのですが、その一方で卵の食べ方(調理法)で髪に真逆の効果を与えてしまう可能性があるとも言われています。

卵の食べ方(調理法)で髪への影響が良くも悪くもなってしまうのはなぜでしょうか。

 髪に良い食べ物ランキングで1位の卵が白髪の原因に!?

ゆで卵1
ご存知の方もいるかもしれませんが、アメリカで人気のサイト、「Top Ten of City」から髪に良い食べ物ランキング(「Top 10 Foods for Healthy Hairs」)が発表されました。

健康な頭皮と髪を維持するためには、タンパク質・ビタミンA・亜鉛・鉄・オメガ3脂肪酸・カルシウムの摂取が重要であると言われているのですが、ランキングで1位に選ばれたのが、なんと「卵」だったのです!

しかし、ランキング1位に選ばれた卵が食べ方(調理法)によっては白髪の改善策にも白髪の原因にもなると言われているのですが、なぜ真逆の影響を与えてしまうのでしょうか。

卵に含まれている栄養素とは?

当サイトでも卵は白髪を改善する方法の1つとして「【食事+サプリ編】・酢卵」でお伝えしましたが、もう一度卵に含まれる栄養素について、おさらいしていきましょう。

卵は栄養価が高く、人間の身体を構成するために必要な栄養素が豊富に含まれていると言われていますが、卵にはどんな栄養素が含まれているのかというと、

【ビタミン】

・ビタミンA
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンK
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ナイアシン
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・葉酸
・パントテン酸
・ビオチン

 
【ミネラル】

・ナトリウム
・カリウム
・カルシウム
・マグネシウム
・リン
・鉄
・亜鉛
・銅
・マンガン
・ヨウ素
・セレン
・モリブデン

【脂肪酸(脂質)】

・飽和脂肪酸
・一価不飽和脂肪酸
・多価不飽和脂肪酸
・オメガ3脂肪酸(αリノレン酸・ドコサペンタエン酸・ドコサヘキサエン酸)
・オメガ6脂肪酸(リノール酸・イコサジエン酸・イコサトリエン酸・アラキドン酸・ドコサテトラエン酸)など

 
【アミノ酸】

・イソロイシン
・ロイシン
・リジン
・スレオニン
・トリプトファン
・バリン
・ヒスチジン
・アルギニン
・アラニン
・アスパラギン酸
・グルタミン酸
・グリシン
・プロリン
・セリン
・アンモニアなど

といった栄養素が含まれており、タンパク質も豊富に含まれているので、卵は完全栄養食とも言われています。

卵の効果効能とは?

含まれている栄養素をみただけでも、完全栄養食というのも納得できるかもしれませんが、完全栄養食と言われている理由もあります。

それは私達の身体の中で作ることができないアミノ酸を必須アミノ酸といいますが、卵はこの必須アミノ酸をバランスよく含んでおり、アミノ酸のバランスを示したものをアミノ酸スコアといいますが、卵はアミノ酸スコアが100点であり、さらにミネラルやビタミンも含まれていることから、卵は完全栄養食と言われています。

では、その卵がどのような効果効能を持っているかというと、

 
脳を活性化することにより、記憶力の向上や脳の老化を抑制する
 
中性脂肪を調整したり、高血圧・高コレステロール予防・改善の働きがあるため、生活習慣病予防になる
 
老廃物や毒素の排出を促す
 
がん予防
 
二日酔い予防
 
活性酸素の抑制や除去
 
シミ・シワ予防
 
美肌
 
かぜ予防
 

といった効果が期待できます。

卵がランキング1位に選ばれた理由

ゆで卵2
確かに卵に含まれている栄養素を見ていくと、身体や髪にに良さそうではありますが、他にも身体や髪に良いと言われている食べ物は沢山ありますね。

なぜ、その中で卵が髪に良い食べ物のランキングで1位になったのかというと、

髪を健康に保つために必要なミネラルである【セレン・鉄・亜鉛・硫黄】が含まれており、髪の材料であるタンパク質も豊富に含まれています。

また、ビオチンは髪の成長を促してくれる栄養素で、頭皮環境も健康に保つ効果を持っていますビオチンが不足してしまうと脆弱毛に繋がる可能性があると言われているほど大切な栄養素です。

鉄分も不足してしまうと毛乳頭に酸素を届けることができなくなってしまうため、摂取することは薄毛や白髪予防に欠かせない栄養素です。

さらに、先程もお伝えしたように、健康な頭皮や髪を保つためにはタンパク質・ビタミンA・亜鉛・鉄・オメガ3脂肪酸・カルシウムが必要となります。

卵にはこれらの栄養素のほとんどが含まれているために、髪に良い食べ物のランキングで1位に選ばれたのではないかと考えられます。卵は育毛や薄毛に良いという話は聞いたことがあるかもしれませんが、卵に含まれる栄養素は白髪の改善にも必要な栄養素です。

 卵の食べ方で白髪の原因にもなるのはなぜ?

健康な頭皮や髪を保つためにとても重要な栄養素が含まれている卵ですが、卵が良いと言われている一方で、「白髪の原因」にもなるとも言われています。

なぜかというと、卵の食べ方(調理法)に理由があります。

生卵や卵を混ぜるという食べ方や調理法というのは、白身に含まれているアビシンというタンパク質が黄身に含まれているビオチンと結合することによってビオチンの吸収阻害をしてしまいます。そのため、卵を摂取することにより髪の悩みを改善しようとしている人は効果が薄れてしまっている状態で摂取してしまっていることになります。

ビオチンが不足すると脆弱毛になる可能性があることから、薄毛・白髪のリスクを高めることにも繋がるため、効率よくビオチンを摂取する必要があります。

白髪を改善する卵の調理法や食べ方は?

ゆで卵3
では、白髪を改善するために卵の栄養をしっかりと摂取するためにはどうしたら良いのかというと、ビオチンは髪の毛を作るアミノ酸の代謝を促進する作用があるため、育毛だけではなく、白髪の予防・改善に繋がるため、ビオチンはしっかりと摂取したいですね。

しかし、卵を使った料理というのは沢山ありますが、料理が複雑になるほど栄養が逃げてしまうとも言われています。

そのため、ビオチンを効率よく摂取するためにやることはとてもシンプルです!

 熱を加える

 かき混ぜない

これらの条件をクリアしている料理は、「ゆで卵」・「目玉焼き」です。
かき混ぜずに熱処理をすることで、アビシンとビオチンの結合を防ぐことができます。

まとめ

本当に一番シンプルな卵を使った料理というのは卵かけご飯で、誰もが一度は食べたことがあるのではないかと思います。忙しい時などに手軽に食べられることもあり、一時期は卵かけごはん用のしょう油がブームになるほどでしたが、実は卵かけご飯は混ぜてしまうためにビオチンを摂取したいという時には適していません。

ビオチンを摂取したいからと、卵かけご飯を食べ続けていても実はビオチンはほとんど摂取できておらず、ビオチン不足になっている場合もあるので気を付けることが必要です。

ビオチンは卵の他にもレバーやチーズ、イワシなどにも含まれているので、他の食べ物からも摂取することができます。卵の栄養価が高いというのも魅力的ではありますが、健康維持・白髪の予防のためにも卵だけというわけではなく、バランスの良い食事を摂るよう心がけてみてくださいね♪


関連記事:

Pocket