Pocket

避妊薬としてよく知られているピルですが、最近では避妊薬というよりも女性特有の悩みの解消という役割として服用しているという人も増えています。

実際に服用したことがある、ピルについては以前に調べたことがあるという方はご存知だと思いますが、ピルを服用するにあたって心配なのは副作用ですね。

その副作用の関係なのか、ピルを飲み始めてから「白髪が増えた」という声を聞きますが、白髪が増えるというのは副作用の1つなのでしょうか。また、なぜ白髪が増えたという声が挙がっているのでしょうか。

 ピルを飲むと白髪が増加するってホント?副作用との関係は?

ピル1
昔は避妊薬としての役割のイメージが強かったピルですが、近年ピルは避妊薬以上に女性特有の悩みを解消する役割を持っているとも言われ、現在では多くの女性が服用しています。

しかし、中にはまだ副作用が心配でピルへの抵抗があるという方もいると思います。

現在はインターネットでもピルを購入することができるため、病院での受診をすることに対しての抵抗や低用量のピルも普及しているので、副作用に関しても不安は緩和されつつあると思いますが、改めてピルという薬がどのような効果や副作用を持っているのか見ていきましょう。

避妊薬以上の効果があると言われる、ピルの効果とは?

現在では避妊薬以上の効果があると言われ、多くの女性が服用しているというピルですが、ピルにどのような効果があるのかというと、

避妊

生理不順の改善

生理痛の緩和

生理のストレスによる肌荒れの解消

月経過多の抑制

PMS(月経前症候群)の改善

子宮内膜症の抑制

子宮がん、卵巣がん予防

更年期の症状や骨粗しょう症予防

に効果があると言われています。

なぜ、ピルにはこういった効果があると言われているのかというと、効果にあるように「女性ホルモンのバランスを整える」薬です。そのため、ピルに含まれているのは当サイトでもお伝えしたように、プロゲステロンとエストロゲンという2種類のホルモンが配合されています

(詳しくは→『妊娠中・産後の授乳中の白髪染めの影響は?』)
(詳しくは→『更年期に入ると白髪が急に増える理由』)

これらの女性ホルモンの量を調整することにより、排卵のタイミングや生理周期を安定させたりなどの効果を出すことができます。

ピルの種類と副作用

ピルにはいくつか種類があり、低用量ピル、中・高用量ピル・モーニングアフターピル(緊急避妊)があります。

低用量・中用量・高用量とありますが、これらの差は含まれるエストロゲン(卵胞ホルモン)の量が異なることです。

昔は低用量が日本で認可されていなかったために中用量が主流だったので、副作用も強く、使用するのに抵抗があるという人が多かったのですが、1999年に低用量ピルが認可されたことにより現在は低用量のピルが主流となっています。

副作用はエストロゲンの量が少ない方が副作用も少なく、また飲み続ければ1~2ヶ月ほどで自然と治まってくるものが多いですが、ピルを飲むことによって、どんな副作用が出てくるのかというと、

・吐き気
・頭痛
・倦怠感
・不正出血
・乳房の張り
・むくみ

などの副作用が出る場合があります。

これらの副作用は100%必ず起きるわけではなく、何も起こらなかったという人もいます。そのため、低用量が主流となってからは、さほど副作用を気にせず服用できるようになっているので、昔と比べたら気軽に服用できるようになったと言えます。

ただし気を付けたいのが「喫煙者の場合」です。ピルは元々血液を固まらせる作用を持っているため、タバコとの相性は良くありません

タバコも血管を収縮させる作用があることから、血栓症や脳出血のリスクを高めることになるので、35歳以上の女性がピルを飲むのであれば、喫煙している場合、タバコを止めないと服用できないのはそういった理由からです。

 ピルを飲み始めると白髪が増えるというのはなぜ?

ピル2
ピルが女性ホルモンを調整してくれる作用があるため、妊娠中や更年期のようにホルモンバランスが崩れて白髪が発生してしまうというのは分かりますが、ピルを服用することによってホルモンバランスを整えているはずなのに、なぜ白髪に繋がってしまうのかと言われているのでしょうか。

実は「ピルを飲むと白髪が増える」という医学的な根拠はありません

そのため、ピルの副作用欄にも白髪の増加というのは書かれていませんね。

さらにピルには女性ホルモンが含まれており、女性ホルモンは抜け毛を少なくしたり、髪の成長期を伸ばす作用があると言われていることから、白髪などの髪の悩み発生させる原因になるというのは考えにくいです。

しかし、ピルを服用ことによって身体の中で何が起きているのかというと、

ホルモンのバランスを偽妊娠の状態にすることによって、排卵を抑制するので、身体は妊娠したと勘違いして妊娠の為に身体を備えようとします。つまり、妊娠初期に起こりやすい症状が出やすくなるために、副作用として腹痛や頭痛、むくみ、胸の張りといったことが起こります。

このような準備期間中はホルモンのバランスを整えている最中のため、白髪が発生するということもあり得ますが、妊娠初期に似た副作用も1~2ヶ月で落ち着いてくるのと同様に白髪が発生したとしても一時的で、しばらくすると元に戻ると考えられます。

しかし、その一方で、「白髪が改善した」という声もあります。

これはピルを飲み始め、崩れていたホルモンバランスが逆に整ったことによって白髪が改善したという可能性があります。副作用の期間である、1~2ヶ月の妊娠初期状態から抜けてホルモンバランスが整った頃に出始める可能性がある変化であり、白髪を抑制するために服用しているという人もいるそうです。

それらをふまえると、ピルを飲むことによって白髪が発生する医学的な根拠はないものの、ピルを飲み始めてホルモンバランスが整うまでの最初の1~2ヶ月間は女性ホルモンの関係により白髪が出るということもあると言えます。

逆にピルを止めた時も要注意!

実際に白髪の予防・改善のためにピルを服用しているという人は少ないと思いますが、何か女性特有の悩みがありピルを服用している人が服用を止めるといった時も髪にも変化がある可能性があります。

今まではピルという薬によってホルモンバランスが調整されていたものの、ピルの服用を止めることにより、薬によるバランス調整の作用が無くなります。そのため、ホルモンのバランス状態が元の状態に戻ろうとしてホルモンバランスが再び崩れるために、抜け毛や白髪が発生するという可能性があります。

まとめ

女性特有の悩みというのは、症状も軽度のものから重度まで個人差があるので、症状が重いという方はその期間を過ごすのもとても大変だと思います。そのため、現在では副作用が比較的軽い低用量のピルを飲んで改善するというのも1つの方法ではあります。

しかし、止めてしまうと再びホルモンバランスが元に戻ってしまうため、根本的な改善には繋がらないことから、ピルの服用中には生活習慣や食生活などを見直し、ホルモンバランスを整えられるようにすることをオススメします。

生活習慣や食事はホルモンの分泌にとても深い関わりがあるので、ぜひ一度見直してみて下さい。

関連記事:

Pocket