Pocket

近年美容効果があると注目され、話題となっているプラセンタですが、プラセンタによるアプローチ方法はサプリメントやドリンク、注射といった様々な方法があります。

プラセンタという名前はご存知の方も多いかもしれませんが、プラセンタとはどのような成分なのか、なぜ美容に良いのかという詳細を知らないという人もいるのではないかと思います。

実はプラセンタは美容に限らず、歯科や医療の領域でも扱われており、さらには白髪が改善されたという声も聞くようになったのですが、プラセンタが白髪を改善する効果はあるのでしょうか。

 プラセンタとは?白髪に良いというウワサはホント?

プラセンタ1
プラセンタというと美容クリニックなどで行われているプラセンタ注射というイメージが強いですが、最近ではサプリメントやドリンクに配合されるようになり、よく見かけるようになりましたね。

プラセンタは美容クリニックやサプリメントだけではなく、処方箋医薬品や歯科領域、更年期障害や肝機能関係の治療といった、医療業界でも多岐にわたって活用されています。

白髪などの髪の悩みも美容というジャンルに通ずるような部分もありますが、様々な場で活用されているプラセンタとは、どのような成分が含まれており、白髪にも効果があるのでしょうか。

プラセンタとは…?

プラセンタとは英語で胎盤のことを表しています。
医療やサプリメントなどに使われているプラセンタは、胎盤から抽出した胎盤エキスのことを言います。

胎盤は主にヒトを含む哺乳類とサメの一部が形成するもので、胎盤エキスとして抽出して医療やサプリメント、ドリンクなどに使われているのはヒトや豚、馬のプラセンタになります。

以前は牛のプラセンタも使われていたものの、安全性の関係上、現在は使用されていません。

ヒトの胎盤から抽出したプラセンタは主に医療業界で活用され、豚や馬のプラセンタは化粧品やサプリメント、ドリンクなどに使用されています。

プラセンタに含まれる成分

美容や健康、医療にと活用されているプラセンタですが、プラセンタにはどのような成分や栄養素が含まれているのかというと、

 <アミノ酸>

・リジン
・アラニン
・アルギニン
・ロイシン
・バリン など

 <タンパク質>

・アルブミン
・グロブリン など

また、体内で細胞の増加や分化を促進したり、細胞の新陳代謝を促してくれる内因性タンパク質の成長因子(細胞増殖因子)が含まれています。

・肝細胞増殖因子
・神経細胞増殖因子
・インシュリン様成長因子 など

 <脂肪酸>

・ラウリン酸
・コレステロール
・バルミチン酸 など

 <糖質>

・グルコース
・ショ糖 など

 <ビタミン>

・ビタミンB1、B2、B6、B12
・ビタミンC
・ビタミンD
・ビタミンE
・ナイアシン など

 <ミネラル>

・カルシウム
・カリウム
・リン
・ナトリウム
・マグネシウム
・亜鉛
・鉄 など

 <核酸>
・DNA
・RNA など
 <酵素>

・アルカリホスファターゼ
・酸性ホスファターゼ
・アデノシン三リン酸 など、およそ100種類

が含まれています。

プラセンタの効果効能

プラセンタ2
沢山の成分が含まれているプラセンタですが、プラセンタにどのような効果効能があるのかというと、

ホルモンバランスの調整

自律神経の調整

基礎代謝の向上

細胞の新陳代謝の促進、修復

肝機能の改善

免疫力の向上

抗炎症や抗アレルギー

血行促進、造血作用

疲労回復

体質改善

活性酸素の除去 など

といった様々な効果が挙げられます。

 プラセンタが白髪に良いと話題の理由とは?

なぜ、プラセンタが白髪に良いと話題になっているのかというと、まずプラセンタに含まれているアミノ酸にあり、アミノ酸はタンパク質の材料になることや細胞の活性化をしてくれる働きがあります。

当サイトでもリジンやアルギニンといったアミノ酸について取り上げていますね。
・リジンについて→『髪に必須なアミノ酸のリジンが白髪に良いというのは本当?
・アルギニンについて→『アンチエイジングに有効といわれるアルギニン、白髪との関係は?

また、プラセンタに含まれている成長因子にもあります。成長因子は細胞の活性化や細胞の増加、コラーゲン作る手伝いをしてくれます。髪を育てるためには毛母細胞(毛包幹細胞)・色を付けるためにメラノサイト(色素幹細胞)が細胞分裂することにより、健康な黒髪を維持してくれるため、薄毛や白髪予防・改善に良いと言われています。

それだけではなく、プラセンタの効果効能からもホルモンバランスや自律神経を整えたり、活性酸素の除去、血行促進なども白髪の原因を改善してくれるため、プラセンタが白髪に良いと話題になっています。

プラセンタはサプリ?ドリンク?それとも注射?どれが良いの?

プラセンタ3
プラセンタを摂取方法は「飲む」・「肌に塗る」・「注射」といった方法がありますが、いくつか方法があると、どの方法が効果的なのかと迷ってしまいますね。

実はプラセンタの摂取方法について、一番効果的だと言われているのは「注射」での摂取になります。一方でサプリやドリンク、化粧水などの「飲む」・「塗る」といった方法での効果というのは科学的な根拠が少ないとは言われているものの、更年期障害や自律神経失調症の臨床例では、共に80%近くの有用率が出ているということも研究結果で示されています

また、医薬品として使われるプラセンタはヒトの胎盤が使用されており、製造過程の精製時でタンパク質やホルモンはほとんど取り除かれていることが多く、主な成分はアミノ酸であるのに対してサプリメントやドリンクなどは豚や最近では馬の胎盤が使われているプラセンタになります。

サプリメントやドリンクに配合されるプラセンタは注射ほど成分を精製しないので、注射に比べると様々な成分が含まれているものの、残留した抗生物質などが検出されたものもあるため、品質選びには注意が必要です。

胎盤と同様の部分を使用したプラセンタもあるので確認を!

また、プラセンタに使われる主な胎盤としてはヒトや豚・馬の胎盤ですが、魚の卵巣膜を抽出した「マリンプラセンタ」や植物の胎座を抽出した「植物性プラセンタ」を使用した商品もあります。

これらはそもそも胎盤が原料とされておらず、胎盤と同様の役割をしているものから抽出しています。植物性プラセンタは成長因子が含まれていないなどの違いもあるため、選ぶ時は何を原料としているか確認する必要があります

まとめ

このようにプラセンタの成分や効果効能を見ていくと、なぜ話題になったのかが分かりますね。治療以外にも美容や若返りのためにプラセンタを摂取している方も多いのではないでしょうか。

しかし、プラセンタで注意したいのは「安全性が高いもの」を選ぶことです。元々は生物の内臓であるため、不純物や低品質のものを選んでしまうと健康被害に合う場合もありますし、実際にプラセンタを摂取して健康被害に合ったという話もあります。

サプリメントや化粧品では今まで豚の胎盤を使用していることが多かったのですが、近年では免疫力が高い馬プラセンタを取り入れている商品も増えています。ですが、身体に入れるものはやはり品質管理がしっかり行われているものを選ぶ必要があるので、プラセンタを摂取しようと考えている方はチェックするのを忘れないようにしてくださいね。

▼プラセンタランキングで1位を獲得!製薬会社が作ったサプリ▼

関連記事:

Pocket