Pocket

白髪を改善するのにメジャーな方法は『白髪染め』をする事ですよね。
確かに美容室でもできるだけでなく、市販の白髪染めもドラッグストアなどで購入できるので、とても便利です。しかし、白髪染めも実は年齢を問わずトラブルや悩みはとても多いんです!

一番簡単なのに、なぜそんなに悩む人が出てくるのでしょうか。

もちろん、イメージ的な部分もありますが、多くの悩みの原因は髪が染まるしくみや白髪染めの成分に関係しています。それが一体どんなトラブルなのか白髪染めのメリット・デメリットも含めご紹介していきたいと思います。

 白髪染めのメリット・デメリットとは?

白髪染め1
白髪を改善するには一番広く知られているのが『白髪染め』ですね。近年様々な白髪を改善するものが出てきていますが、白髪染めに頼る人はまだまだ多いです。ですが白髪染めもメリット・デメリットがあります。知っておかないと後々後悔する事になることもあるかもしれませんので、是非知っておいてくださいね!

白髪染めのメリット

<美容室で染める場合>
・美容師さんが染めてくれる分、自分の手間が掛からない。ムラなく綺麗に染まる。
・食事や生活習慣を改善するのに比べ、染めるだけの時間で改善できる。
・市販の白髪染めに比べて、髪や肌へのダメージが少なくて済む。

<自宅で染める場合>
・自分の好きなタイミング、時間で気軽に染める事ができる。
・食事や生活習慣を改善するのに比べ、染めるだけの時間で改善できる。
・市販の白髪染めは比較的安価なものが多いので安く済ませられる。

白髪染めのデメリット

<美容室で染める場合>
・1回の費用も市販の白髪染めに比べると高く、定期的に染める必要があるので美容室で染め続けるとなると長期的な面でも費用がかなり掛かってくる。
・市販のに比べてダメージは少ないと言えど、カラー剤を使用しているので髪や肌へのダメージがかかる。

<自宅で染める場合>
・自分で染める作業をするため、ムラができてしまったり綺麗に染まらない。自分で作業する手間がかかる。
・美容室で染めるのと同様に定期的に染める必要がある。
・市販のカラー剤は強い薬剤が入っており、美容室のように薬剤を調整する事ができないので、髪や肌に相当なダメージがかかる。

白髪染め2
美容室で染める場合と自宅で染める場合のそれぞれのメリット・デメリットもありますが、共通するのは『短時間で白髪を改善することができる』事と『髪や肌へダメージがかかる』という事ですね。

 白髪染めに対してのトラブル・悩み

白髪染めの悩みは様々です。白髪染めをする前から悩んでいる方もいますし、実際に白髪染めを始めてからのトラブルや悩みを抱えている人も多いです。

そのトラブルや悩みとは一体どのような内容でしょうか。

<白髪染め未経験者の悩み>

・美容室やドラッグストア等で「白髪染め」と周りに分かってしまうのが恥ずかしい。
・白髪染めを1度始めると中々やめられないと聞いて迷う。
・アレルギーがあるため、染められない。

<白髪染め経験者の悩み>

・白髪染めをする前はもっと明るく染めていた為、明るい色にしたい。
・思ったよりも白髪が染まっていない。
・白髪染めを始めて、頭皮に痒みが出てきてしまったり赤くなってしまった。
・白髪染めでジアミンアレルギーになってしまった。
・一度白髪染めをすると、パーマや縮毛矯正などの美容室のメニューができず困っている。
・何度も染めているため、髪がパサパサになってしまった。
・一度染めても、2~3週間すると色が落ちてしまったり、新しく白髪が生えて目立つため何度も染めなくてはならず、大変・面倒。
・白髪染めも長い期間してしまい、白髪の量も増えてきてしまっているので、やめたくても中々白髪染めをやめられない。

などの悩みがあります。

 

まとめ

私自身、白髪がすごく気になり白髪染めも考えた事がありましたが、白髪染めをしてもらうという事を美容室やドラッグストアで知られるのが恥ずかしいというのはありました。

イメージ的な悩みもありますが、ほとんどは白髪染めを使用してからの悩みが多いですね。染まり具合や髪トラブルだけではなく、アレルギーなどの肌トラブルまで出てしまったという方もいます。

白髪染めをして悩みを解決したはずなのに、また新たな悩みが出てきてしまった。これでは本末転倒ですよね。そうならない為にも白髪染めの事をちゃんと知った上で、どの改善方法を選択するのか決めていただければと思います。

関連記事:

Pocket