Pocket

白髪染めをして白髪も無くなって見た目も気持ちもすっきり~!と思うかもしれませんが、あれ…?髪がパサパサ、ごわごわしてる…?せっかくすっきりしたかと思いきや、またモヤモヤしちゃいますね(泣)

せっかく白髪を改善したはずなのに、なぜ新たなトラブルや悩みが出てきてしまうのでしょうか?

それは、白髪が染まるしくみと白髪染めの成分による悪循環に陥っている事が原因なんです!白髪染めでの改善を考えている方、白髪染めをされていて、髪の傷みで悩んでいる方は是非知ってくださいね!

 髪や白髪が染まるしくみとは?

白髪染めで傷む原因1
今まで白髪染めをした事がないという方でもカラーをしたことがある方は髪がパサパサになってしまったり、触るとゴワゴワしてしまっていたりという経験をした事があると思います。

通常のカラー剤も白髪染めと同様の染まり方をするのですが、皆さん髪が染まるしくみをご存知ですか?カラーや白髪染めで傷んでしまった髪というのは、すでに健康な髪ではなくなってしまっているんです!

それは髪を染める薬剤(染料)にあります。髪を染めるという事はどのような事なんでしょうか?

髪を染める染料は2種類あった!?

髪を染める染料として、『酸化染料』『酸性染料』があります。健康な髪の状態とは弱酸性が健康な状態であり、通常のヘアカラーや白髪染めは『酸化染料』になります。酸化染料は髪の状態をアルカリ性に持っていくことで染まるようになっています。

一方、ヘアマニキュアは『酸性染料』となり、髪の状態を酸性に傾けることで染まるようになっています。

ヘアマニキュアについては、また後程お話をしますが、酸化染料・酸性染料共に髪や肌を傷ませる原因となる成分が含まれています。

白髪染め(酸化染料)はどのように染まるのか?

白髪染めは1剤と2剤に分かれ、1剤が酸化染料、2剤が過酸化水素になります。
一度市販のヘアカラーや白髪染めをしたことがある人はご存知だと思いますが、1剤と2剤を混ぜて染めますよね。

この酸化染料と過酸化水素を混ぜた混合液で染めていくのですが、髪の中でどんな事が起きて、色が染まっていくのかを話していきたいと思います。

酸化染料による髪が染まる流れ

①乾いた髪に混合液を塗り、キューティクルを開く。
②キューティクルが開くと、混合液が髪の内部まで浸透する。
③浸透した混合液は酸素を発生させ、メラニン色素を脱色し染料を発色。
④発色した染料の分子はくっつき合い、元の大きさよりも大きくなるため、キューティクルが開いた場所から出られなくなることにより、色を定着させる。

髪の構造で説明をした通り、キューティクルはとてもデリケートにできていて、傷つけてしまうと自己再生能力はないので自然と治すという事ができません。

キューティクルが傷つくことにより、光沢やツヤが無くなり、パサついた髪になってしまいます。髪を染めると髪が傷むというのは、キューティクルが傷ついて開いてしまっている状態になるために光沢やツヤが失われてしまうことにあります。

また、髪が傷んでいる箇所に繰り返しカラーや白髪染めを続けていけば、傷み具合も蓄積されていってしまいます。

市販と美容室のカラーや白髪染めは同じ?

白髪染めで傷む原因2
市販の白髪染めも美容室の白髪染めも仕組みは根本的には同じです。美容室の方が薬剤を弱くしたり、トリートメントなどで対処もできますし、自分でやるよりもプロにやってもらった方が綺麗には仕上がりますが、繰り返し行っていけば髪へのダメージは同じように積み重ねられてしまいます。

白髪染めをしても、すぐに色が落ちるからといって染め直すのも要注意!

髪質や白髪の量にもよりますが、白髪や白髪染めの明るい色は色が抜けやすいです。また、髪が傷んでいる人も同様に色が落ちやすい状態になっています。

せっかく染めたのに数日や1、2週間で色が落ちてしまった!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?結局白髪染めをまた染めなければいけなく、でも髪は傷み続けるという悪循環に陥ってしまうことになってしまうんです(泣)

まとめ

実はカラーや白髪染めをすることは、見た目やオシャレとしては手軽で便利ですが、自然な状態を無理やり壊すことによって髪色を変えます。

白髪染めで改善をすることは1つの方法ではありますが、一度傷つけたキューティクルは自然には治ってくれません。また繰り返し髪を染めることによる髪や肌を傷めるというリスクを考えると、白髪を改善するには天然の素材を使っているものや生活習慣を改善するといった改善方法を選ぶことをオススメします。

関連記事:

Pocket