Pocket

前回の記事(白髪染めに発がん性物質?肌や身体への影響は?)では、白髪染めで『ジアミン系』の成分が入っている染料を使用すると、頭皮に痒みや炎症が出てきてしまう事もあり、それはアレルギーの一種で『ジアミンアレルギー』であることをお話ししました。

症状は個人差がありますが、軽い痒みや炎症ならまだしも、酷い場合は呼吸困難や嘔吐などのアナフィラキシーショックを起こしてしまう可能性もあります。

本来なら発がん性物質も含まれているので、使用をさけるのが一番ではありますが、現在白髪染めで白髪を改善している、白髪染めを検討中という方はジアミンアレルギーに関しても知っておくことをオススメします。

 白髪染めによるジアミンアレルギーの症状・対策

ジアミンアレルギー1
白髪染めをしたら肌が荒れて、かゆみや炎症が出てきてしまった。
皮膚科に行ったらジアミンアレルギーであることが分かった。

アレルギーにも様々な種類があります。
抗体ができて治るアレルギーもあれば、抗体ができる事によって過剰に反応が出てしまうものもあります。ジアミンアレルギーはアレルギー性接触皮膚炎という種類に分類されます。

アレルギー性接触皮膚炎とはどのようなものなのか、ジアミンアレルギーの症状や対策も含め、お話ししていきたいと思います!

そもそも…アレルギー性接触皮膚炎とは?

原因物質(アレルゲン物質)が皮膚に接触する事によりアレルギー反応を起こります。アレルギー反応が起きると紅斑(赤いブツブツ)や丘疹(皮膚の盛り上がり)や水疱(水膨れ)が皮膚に現れる疾患です。原因物質が触れた場所にのみ症状が起こるのもアレルギー性接触皮膚炎の特徴でもあります。

アレルギー性接触皮膚炎は遅延型アレルギー反応という分類になり、原因物質が長時間接触していたり、何度も接触していくうちに体内にT細胞が作られて症状が出てくるため、比較的接触してから発症までに時間がかかり、症状が出てから異変に気付いて皮膚科に駆け込むというケースが多いです。

ジアミンアレルギーとは?

すでにアレルギーをお持ちの方や白髪染めで悩んで色々調べてみたという方はご存知かもしれませんが、ジアミンアレルギーとは『酸化染料』が原因となって起こるアレルギー性接触皮膚炎の事をいいます。

『酸化染料』であるカラー剤や白髪染めにはジアミン系の成分が入っている事が多く、パラフェニレンジアミンやパラアミノフェノールという成分が原因でのアレルギー発症数が多いと言われています。

症状は接触してから6~12時間後に皮膚に痒みや発疹の症状が出始め、アレルギー症状のピークは48~72時間後と言われています。症状の程度によっても異なりますが、重篤な場合は頭皮だけではなく、顔回りまで腫れや赤みが出てきてしまう場合もあります。

また、消費者安全調査委員会ではジアミンアレルギーについて、以下のようなアナフィラキシーショックを起こしてしまうという事もあり、注意を呼び掛けています。

消費者庁による、毛染めによる皮膚障害への注意喚起
『毛染めによるアレルギーに御注意!』

ジアミンアレルギーによるアナフィラキシーショックの可能性がある症状

・呼吸困難
・皮膚の腫れや赤み
・血圧の低下
・蕁麻疹
・腹痛や嘔吐ジアミンアレルギー2

ジアミンアレルギーになってしまったら?

ジアミンアレルギーは原因物質を発見して抗体ができる事を繰り返していくうちに、過剰に反応して起こるものなので、一度なってしまうと慢性的に症状が出てしまうため、アレルギーを発症してからも使い続ければその度に症状がひどくなる場合もあるので、ジアミン系の成分が入った染料は使用しない方が良いでしょう。

現在では、ジアミン成分が入っていないノンジアミンのカラー剤や白髪染めもあるので、どうしても白髪染めで改善したい、オシャレとして毛染めをしたいという方はノンジアミンのカラー剤や白髪染めを選ぶことをオススメします。

まとめ

ジアミンアレルギーは遅延型のアレルギーのため、白髪染めが終わってしばらくしたら症状が出てきて気づいたという事も多いと思います。症状もある日突然出てしまうために前兆がないので、ついつい染料の事まで考えずに選んでしまいがちですね。

さらにアレルギーの可能性だけではなく、発がん性物質も含んでいるため、ジアミン系成分が入っている染料は身体にも良いものではありません。

髪や肌に優しいだけではなく、身体にも優しい、白髪を改善する方法を選択する事が若々しく、元気に過ごせる秘訣にも繋がるのではないかと思います(*^^*)

関連記事:

Pocket