Pocket

ネックレスやピアス、腕時計に指輪。着けると痒くなってきてしまってオシャレができない…。肌が弱い人には良く見られるオシャレの天敵金属アレルギー。その金属アレルギーが実は白髪染めが原因で発症してしまう可能性があるという事はご存知ですか?

『金属』と『白髪染め』と言われても、あまりピンと来ない方が多いと思います。ですが、金属アレルギーは発症してからも放っておいてしまうと実は髪にも怖い影響が及んでしまう可能性もあるんです!

金属アレルギーを持っていてカラーや白髪染めを考えているという方は要チェックですよ~!

 白髪染めと金属アレルギーとの関係と髪への影響とは?

金属アレルギー1『ジアミン系』の成分が含まれるカラー剤や白髪染めがジアミンアレルギーを引き起こしてしまったり、さらには発がん性物質も含んでいるという話は『白髪染めで突然の肌荒れ!ジアミンアレルギーとは?』でお伝えしましたね!

入っている成分でアレルギーを発症してしまうのは分かりますが、アクセサリーを着けて発症するイメージが強い金属アレルギーと白髪染めやカラー剤とはどのような関係があるのでしょうか?

また、金属アレルギーによる髪へ影響はどのようなものなのでしょうか?

金属アレルギーとは?

近年、ピアスの穴を開ける人口が増え、ピアス皮膚炎を発症する人が増えたことにより金属アレルギーが広く知られるようになりました。そのため、金属アレルギーは金属に触れると痒みや発疹、炎症を起こすアレルギーという認識でいる方は多いと思います。

ですが、実は金属アレルギーになるメカニズムはもっと奥が深かったんです!さらには金属アレルギーの原因はアクセサリーなどの金属だけではなかったんです!

白髪染めによる金属アレルギーは接触型金属アレルギー

金属アレルギーは2種類あり、「全身型金属アレルギー」「接触型金属アレルギー」の2種類があります。

「全身型金属アレルギー」は食品に含まれる微量の金属が原因で、食べて腸で吸収された後に、汗となって出てきます。汗は手や足に多いので症状も手や足に出てくるタイプです。

「接触型金属アレルギー」は皆さんがイメージしている金属アレルギーで、金属に接触することにより、接触した部分のみ痒みや発疹、炎症を起こすタイプです。

白髪染めは後者の「接触型金属アレルギー」にあたるのですが、そのメカニズムはどのようなものなのでしょうか?

接触型金属アレルギーのメカニズム

接触型金属アレルギーのメカニズムは、金属製のアクセサリーや歯科の詰め物などが金属イオンとして汗や体液で溶けて体内に入ることにより、体内のタンパク質と結合してできた原因物質により皮膚に痒みや紅斑などの症状が出てくることをいいます。

金属の種類によってはアレルギーを起こしにくいというものもありますが、基本的にはどの金属でもアレルゲンになりうる可能性は持っているそうです。
何のアレルギーに反応するのかを判別するには、ジアミンアレルギー同様、パッチテストが有効になってきます。

白髪染めでなぜ金属アレルギーになる?

実は白髪染めには微量の金属も含まれているため、アクセサリーを着けた時と同様にその金属が金属イオンとして汗や体液で溶けて体内に入り、体内のタンパク質と結合する事によって、原因物質となってアレルギー症状を引き起こす可能性があるんです!

金属アレルギーは頭皮に影響を与えるだけではない!

金属アレルギー2
金属アレルギーは紅斑や痒みなどの頭皮トラブルだけではなく、脱毛症トラブルも発生させる可能性もあります。誰もが聞いた事がある、『円形脱毛症』。この『円形脱毛症』の原因の3位が金属アレルギーなんです!

実際に歯科治療の義歯や詰め物で金属アレルギーになってしまい、円形脱毛症になったという方もいるので、髪の悩みがさらに増えてしまう可能性もあります( ;∀;)

まとめ

白髪染めにはジアミンアレルギーだけではなく、金属アレルギーも起こすリスクを伴います。白髪を改善したかっただけなのに、白髪染めをしたら金属アレルギーを発症してしまい、脱毛症にまでなってしまったらショックも大きいと思います。

金属は基本的にはすべての種類がアレルギーを引き起こす可能性がありますが、アレルギーになりやすい金属・なりにくい金属もあるので、自分が身に着けても安全なものを把握しておくことも大切ですし、パッチテストは必ず行う事をオススメします。

関連記事:

Pocket