Pocket

「ヘアカラーや白髪染めは髪や肌に良くないから、何とか違う方法で染めたい!」という方や、実際にヘアカラーや白髪染めで白髪を改善しているという方も「髪が傷んできてしまった…。」、「ジアミンアレルギーになってしまって、ジアミン系のものは使えない…。」と白髪を染めて改善することは悩みがつきませんね(泣)

ジアミン系のヘアカラーや白髪染めが良くないのなら、ヘアマニキュアはどうなのでしょうか?

カラー剤や白髪染めとは成分も違いますし、染まり方も違ってくるので、髪を傷めたり、肌荒れを引き起こす心配は無いのではないか?と思うかもしれませんが、実はヘアマニキュアも含まれている成分によっては、髪を傷めてしまったり、肌荒れを起こす可能性もあります!

白髪染めと違ってどんな成分が原因なのか、ヘアマニキュアが髪や肌へどんな影響を与えてしまうのか見ていきましょう!

 ヘアマニキュアは髪や肌にどんな影響を招くのか?

ヘアマニキュア1
ヘアカラーに使われる染料は大きく分けて2種類あります。1つは通常のヘアカラー剤や白髪染めに使われている酸化染料。もう一つがヘアマニキュアに使われている酸性染料です。

ヘアマニキュアに使われる酸性染料の成分や染まり方は髪の外をコーティングするだけだから安全と思っていても、やはり直接髪に当てるものですから全く髪や肌に悪くないわけではないんです!

では、酸性染料は白髪染めと違ってどのような成分が入っていて、どのような染まり方をするのか、髪や肌に与える影響をお伝えしていきます♪

酸性染料の特徴は?酸化染料との違いとは?

白髪染めが酸化染料という種類で、酸化染料と過酸化水素で髪の内部まで液剤が浸透し、髪に色を定着させるという事は『白髪染めで髪は傷む?その原因は?』でお話をしました。

では、ヘアマニキュアに使われている酸性染料の特徴と酸化染料とは何が違うのでしょうか?

酸化染料の特徴
・酸化染料は髪をアルカリ性に傾けて髪を染める。
・染料の分子が小さく、髪の内部まで浸透する。
・1剤の酸化染料と2剤の過酸化水素による酸化重合(2つの化合物が酸化結合することによって、分子量が大きな化合物になる事)での染まり方をする。
酸性染料の特徴
・酸性染料は髪を酸性に傾けることで髪を染める。
・染料の分子が大きく、髪の内部まで浸透せずキューティクルをコーティングするように染まる。
・髪に存在する+イオンと-イオンを酸性染料によってイオン結合させることにより髪を染める。

ヘアマニキュア(酸性染料)が髪を染めるしくみ

ヘアマニキュア2
酸性染料の特徴でも説明したように、酸性染料はイオン結合によって髪を染めるしくみになっています。髪は弱酸性で、+と-のイオンが存在しています。

ヘアマニキュアのイオン結合とは、
①ヘアマニキュアを髪に塗ると、ヘアマニキュアに含まれている酸が髪を酸性にします。(髪の状態は+イオンが多くなっている状態になります。)
②マニキュアの役目を果たす酸性染料は-のイオンを持っているので、酸性の状態になった髪の+イオンと酸性染料の-イオンがくっ付くことにより色が定着します。

白髪染めと違って、ヘアマニキュアの分子はキューティクルよりも大きいためほとんど内部へ浸透しないので、髪の表面をコーティングする染まり方をします。

髪の内部への浸透がほとんどないために、髪が傷むことは白髪染めなどの酸化染料に比べたら少ないです。ただし、脱色して色を付ける白髪染めに比べると明るい色に染める事はできないですし、色落ちも早いです。髪が傷みにくいとされる分、頻度が高くなるのがヘアマニキュアのデメリットでもあります。

ヘアマニキュアが髪や肌に良くないのはなぜ?

なぜ、髪の内部に浸透しないのに、髪や肌に良くないとされているのか。それはヘアマニキュアに使われている成分にあります。ヘアマニキュアの主な成分は、『タール系色素』です。タール系色素とは石油精製から作られた合成色素です。

白髪染めに比べて発がん性も低いとは言われていますが、皮膚吸収されやすいものもあるため、発がん性や内臓疾患、皮膚病、アレルギーを引き起こす可能性もあると言われています。

タール系色素だけではなく、含まれているベンジルアルコールも酸性染料の浸透を高めるために配合されていることが多いです。分解性が良いと判断されてはいますが、肌の弱い方などは皮膚の炎症などを起こすこともあるので、成分に気を付けて選ぶ必要があります。

まとめ

白髪染めと比較するとヘアマニキュアの方が髪へのダメージは少ないのはとても良い点ではありますが、内部から染めるわけではないので色落ちも早いですし、髪色のバリエーションも少ないです。

双方染める上でのメリット・デメリットはありますが、成分自体は両方とも化学物質が含まれるので、100%安全なものとは言い切れないですね。
そう考えると、白髪を黒くするためにやはり普段から栄養面や身体に安全な天然素材のものを取り入れたりするなど、工夫をする必要があります。

関連記事:

Pocket