Pocket

「鏡を見ると白く光る髪の毛が…!!」
白髪が見つかると気分も落ち込みますし、目立つから早く何とかしたい!と思ってしまいますね。

最近では白髪隠しのマスカラやファンデーションもありますが、1本や2本だけなら…と思って、抜いてしまうという方も多いのではないでしょうか。

以前、当サイトでも白髪を抜くことへのリスクというのはお伝えしましたが、その抜くことによるリスクというのは、頭皮へのダメージだけでは済まない場合もあります!

そうならないためにも、白髪を抜いてはいけないという理由をしっかりと知っておきましょう。

 白髪を抜くことのリスク!抜毛症へエスカレートすることも!

抜毛症
皆さん、白髪を抜くことでのリスクは覚えていますか?

白髪は生えてくると光の反射などで目立つために抜いてしまいたいという人も多いと思います。抜くと気持ち的にもスッキリするのですが、よく聞くのは「白髪を抜くと増えるってホント?」という疑問です。

この疑問に関しては、以前にもお伝えしたように、抜いても白髪が増えて広がるということはありません。しかし、白髪を無理やり抜くことでの頭皮へのリスクがあるということはお伝えしましたね。
(詳しくは→『白髪は抜くと増えるという話はホント?ウソ?【白髪Q&A】』)

実は白髪を抜くことで発生するリスクというのは、頭皮や毛根へのダメージだけではありません。

抜毛症(ばつもうしょう)」や「抜毛癖(ばつもうへき)」という言葉をご存知ですか?

白髪を抜くことで、これらの症状に悩まされることになる可能性もあるので、白髪を抜くことへの頭皮や毛根への影響を知るだけではなく、抜毛症や抜毛癖についても知っておきましょう!

白髪を抜くことによる頭皮や毛根へのダメージとは?

「白髪を抜くと逆に白髪が増える?」という噂はウソで、白髪を抜いても増えることはないとお伝えしました。

なぜなら、髪の毛1本1本に毛根が付いており、その毛根それぞれに毛母細胞と色素細胞(メラノサイト)が存在しているために、抜いたからといって他の髪にその現象が移るということはありません

そのため白髪を抜いても増えることはありませんが、髪の毛はヘアサイクル上、最終的に自然と抜け落ちるようなサイクルになっていますが、自然に抜ける前に白髪が生えてきたからといって無理矢理抜いてしまうことは毛乳頭や毛母細胞を壊してしまう可能性があります。

すると、どうなるかというと、髪の毛自体が生えてこなくなってしまう可能性があるということです。『白髪の毛根が黒いと黒髪に戻る可能性も!毛根の状態をチェック!』でもお伝えしましたが、もしかしたらその白髪はメラノサイトがまだ残っており、黒髪を取り戻せる可能性があるかもしれません

その可能性を失い、さらに髪も生えてこなくなってしまうということを考えると日々のケアや予防もそうですが、改善できるのかどうかをチャレンジしてみた方が長い目で見ると良いと思いませんか?

また髪を無理矢理抜くということは、皮膚が炎症を起こしてしまう可能性もあります。

炎症も酷くなると治療に時間がかかりますし、場合によっては炎症を起こしたところが脱毛する可能性もあり得るので、白髪が生えてきたからといって抜きたくなる気持ちは分かりますが、抜くのは絶対にNGです!

抜毛症・抜毛癖って…?

抜毛症2
抜毛症(トリコチロマニア)とは、髪の毛やまつげ、眉毛など体毛を抜いてしまう疾患のこと
を言います。体毛を抜くのに無意識の人もいれば、意識的に止められず続けてしまうというパターンがありますが、反復性が強いため、癖や習慣化してしまうことがある症状です。

抜毛症の原因ははっきりと分かってはいませんが、ストレスが関係しているのではないかとも言われ、体毛を抜くことで不安やイライラを落ち着かせようとしているとも考えられています。

ここまで聞くと白髪を抜くことが、なぜ抜毛症の原因になるのかというのは何となく想像がついてきたと思います。

最初はただ単に気になった白髪を抜いたということがきっかけではあったのですが、それが白髪を見つけるたびに抜く、抜かないと気が済まないようになり、最終的に黒い髪の毛までも抜いてしまうのが習慣に発展してしまう「抜毛症」になる可能性があります。

抜毛症による症状で白髪が増加することも!

皆さん、なぜ白髪を抜くことが良くないことなのか、もう一度思い出してみて下さい。

白髪を抜くことのリスクとしてお伝えしたのは、

『無理矢理白髪を抜くことによって、髪を作る細胞が壊れてしまうことがある』

ということでしたね。

これは白髪もそうですが、黒髪にも同様のことが言えます。

頭皮が炎症を起こすというリスクもそうですが、重要なのは髪には髪を成長させる毛母細胞と髪に色を付けるための色素細胞(メラノサイト)があり、それらが壊れてしまうことにより、髪が生えてこなくなってしまったり、髪に色が付けられなくなってしまうということです。

細胞が一度壊れてしまうと再生される可能性は少なく、色素細胞(メラノサイト)が壊れてしまうとその毛根からは白髪しか生えてこなくなってしまいます。

黒髪にも同じリスクが起こることから、抜毛症により無理に黒髪まで抜き続けてしまうということは色素細胞(メラノサイト)を壊してしまう可能性があり、白髪を増やしてしまうことにも繋がりかねません

抜毛症を改善するにはどうすれば良い?

抜毛症3
では、抜毛症を改善するためにはどうすれば良いのかというと、現段階で抜毛症の原因は明確になっていないものの、ストレスなどによる精神的なものが原因ではないかとも言われています。

不安やイライラを髪を抜くことにより、落ち着かせたり、解消するといった精神的な疾患に関連しているということが言われています。

そのため、精神科や心療内科で対応していることもあり、その場合に行われている治療法は

認知行動療法

薬物療法

があります。

症状が軽い場合は「抜いてはダメ」と意識することで改善できる場合もありますが、それが難しいという場合は一度病院に受診してみることをオススメします。

まとめ

元々抜毛症という疾患はそれほど多いケースではないものの、ストレス社会と言われている現代であり、精神的ストレスを抱えている人も多いです。

そのため、昔に比べると精神的な疾患を患い悩んでいる人も増えています。ストレスや不安を抱え込まずに適度に発散することや、趣味など何か夢中になれるものを見つけるというのもストレスから自身を守る方法の1つです。

白髪はついつい気になってしまうと抜きたくなってしまうという気持ちは分かりますが、それをストレス発散にしてしまったり、快感として得ることは抜毛症に繋がる可能性を強めてしまうので、白髪を抜くというのは止めることをオススメします。

これらのリスクをしっかりと理解し、自分に合った白髪を改善する方法を見つけてあげることが大切になります。

関連記事:

Pocket