Pocket

白髪が増えてくるとついつい気になって、白髪染めやカラー剤で染めたくなってしまいますよね。

当サイトでも白髪染めによる髪や頭皮への影響というのは、アレルギーや皮膚のかぶれ、発がん性物質も含まれているということをお伝えしていますが、白髪染めによる影響はそれだけではないと言われています。

白髪染めをすることによって、上記以外にどのような副作用があるのでしょうか。

 白髪染めによる副作用とは?髪や身体へどのような影響があるの?

副作用1
白髪染めによるトラブルで、髪が傷んでしまったということや白髪染めをしたら今まではなかったかぶれや発疹といったアレルギー症状が出てしまったという話は、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

「アレルギー症状が出てしまった=ジアミンやレゾルシンなどが含まれた染毛剤は二度と使うことができない」、つまり私達がよく見かける白髪染めやカラー剤はほぼ使うことができなくなるため、それだけでもショックが大きいと思いますし、アレルギー症状も軽度な症状であればあまり気にならないという方もいるかもしれませんが、個人差があるため酷い場合は顔まで腫れることもあるので、使用する際には本当に気を付けなければいけません。

さらに白髪染めによる副作用はそれだけではなく、髪や頭皮だけに留まらず、身体にも影響を及ぼします。発がん性物質が含まれているというのは有名な話ではありますが、それ以外にも身体への影響があると言われています。

白髪染めによる副作用とは?

では、改めて白髪染めによる起こりうる可能性がある症状とは、どのようなものがあるのかというと、

アレルギー性接触皮膚炎

アナフィラキシーショックによるショック症状

目に入った場合、失明の可能性

発がん

腎・肝機能障害

再生不良性貧血

造血障害

といった症状が起こる可能性があると言われています。

これら副作用の原因は何?

上記のような副作用を招いてしまう原因は何かというと、白髪染めやカラー剤に含まれている「化学物質」です。

つまり、

パラフェニレンジアミンなどジアミン系成分

アミノフェノール

レゾルシン

過酸化水素

というわけです。

アレルギー性接触皮膚炎は皮膚に付着したことにより起こる炎症やかぶれのことで、白髪染めやカラー剤を使っていて突然発症したという、副作用の中では一番多いケースです。

また、皮膚に付着しなくても使用中の薬剤が気化したものを吸い込んで呼吸困難や頻脈などが突然出てしまうショック症状もあります。

長期的に使用したり、かなり頻繁に白髪染めやカラーを行っている場合は腎臓や肝臓は体内に入った毒性のあるものをろ過する役割をしていることから、腎臓や肝臓に負担がかかり機能が低下してしまうといった症状が考えられますし、説明書には元々腎臓や肝臓が悪い人は使用を避けるように記載されています。

また、日本血液学会では白髪染めやカラー剤の使用による再生不良性貧血の造血障害も報告されており、再生不良性貧血は骨髄異形成症候群(MDS)や白血病に進行してしまう可能性もある難病に指定されています。これらの原因も上記の化学物質が原因です。

特に副作用に気を付けなければならない人とは?

副作用2
できるのであれば、将来的なことも考えて化学物質が含まれている白髪染めやカラー剤は皆さん使用を避けた方が良いでしょう。

 

その中でも、これらの副作用のリスクを考えると特に化学物質が含まれた白髪染めを使用するのを避けた方が良いという方は以下のような方になります。

白髪染めやカラー剤に不安があるという方

白髪染めの頻度が多いという方

白髪染めやカラー剤を使うと体調が悪くなったり、皮膚に違和感を感じるという方

妊娠中や授乳中の方

皮膚が弱い方

腎臓や肝臓に持病があるという方

血液系で持病があるという方

食生活や生活習慣、ヘナカラーや白髪染めシャンプーやトリートメントというのは手間や染まるまでの期間もかかるので、どうしても一番手っ取り早く白髪を改善するには白髪染めになってしまいます。

しかし、例えば今の年齢、または今まで白髪染めを行ってきて、この先何歳まで染め続けますか?その期間は一体何十年になるでしょうか。

将来的な事も考えて、どのような白髪を改善する方法が自身にとって良いのかを考えてみることをオススメします。

これらの副作用から避けるための対策はあるの?

上記のような副作用の原因は「化学物質」です。

白髪染めであれば、化学物質が含まれていないものを選ぶことです。
また食生活や生活習慣を見直して改善するという方法も健康的で良いことですね。

1つ注意したいのは、はっきりと化学物質の名前が明記されていないことが多く、天然で安全と言われているヘナや香草カラー、和漢彩染もジアミンが含まれているものもあるので、染毛料を選ぶときには十分に注意が必要になってきます。

まとめ

白髪染めやカラー剤で皮膚炎が起きてしまったという悩みはよく聞きますが、意外と浸透していないのは、発がん性物質が含まれているということや造血障害などの研究結果が出ているということです。

また、説明書に腎臓、肝臓が悪い方は使用を避けるようにと明記されていることからも白髪染めやカラー剤は人体へ何らかの影響を及ぼす可能性があるということがわかりますね。

お洒落を楽しむために健康を捨ててしまうというのは、意味が無くなってしまいます。そうならないためにも、白髪染めを使用することで起きるリスクを知っておくことが大切になります。

関連記事:

Pocket