Pocket

日々の食事で補う事ができれば一番ですが、忙しくて中々時間が取れない・食生活を見直すのが難しいという方には、取り切れていない栄養素をサプリメントで補うのも1つの方法です。

現代ではサプリメントのCMは毎日のように流れ、健康に関する番組も多いですね。健康志向を持つ日本人が増えてきて、サプリメントを摂取する人も増えてきていますし、ドラッグストアやメーカーの直営店などでも売られ、気軽に購入できるようになりました。

しかし、サプリメントにも日頃聞くような栄養素のものから、「何に使われているの?」というような聞いたことがないようなものまで沢山ありますよね。さらにサプリメントには分類があり、目的によっても選ぶ素材が変わってきます。

そこで、白髪を改善するにあたって、サプリメントで摂取できる目的別の素材を分類と一緒に紹介していきたいと思います。

 サプリメントは目的や機能で3つに分かれる

サプリメントは沢山の種類がある中で、大きく3つのカテゴリーに分類されます。

  1. ベース・サプリメントサプリ1
  2. ヘルス・サプリメント
  3. オプショナル・サプリメント

この3カテゴリーがあります。

まずはこれらのカテゴリーを知ることで、自分に合った目的・機能のサプリメントが選びやすくなります。

ベース・サプリメントとは?

足りていない栄養素を補充する事が目的(栄養欠損補充)のサプリメントです。
元々は食事の中に含まれている栄養素ではありますが、食生活や食事の中で十分に摂取できていない・不足しがちな栄養を補ってくれるのがベース・サプリメントの役割になります。

代表的なサプリメントの種類

ビタミンやミネラル、アミノ酸、食物繊維、乳酸菌、DHA、EPA、プロテインなどがあります。

白髪の改善に繋がるサプリメント

【ビタミン】
ビタミンB1・B2・B6→活性酸素の除去、老化を抑える
ビタミンB12・葉酸→神経細胞の再生・活性化。両方摂取すると良い
ビタミンC→活性酸素の除去・抗ストレスホルモン
ビタミンE→活性酸素の除去・血管の抗酸化、血流を良くする

【ミネラル】
ヨード(ヨウ素)→新陳代謝・血行促進
銅→活性酸素の除去・血液の生成の補助・チロシナーゼの材料

【アミノ酸】
チロシン→メラニン色素を作る材料
フェニルアラニン→チロシンが体内で作られる時の材料

ヘルス・サプリメントとは?

健康の維持や増進を目的とした、身体の調整機能を整えるのがヘルス・サプリメントの役割になります。食材を使ったサプリメントの為、ベース・サプリメントのような単一の成分とは違い様々な成分が入っています。科学的に証明というよりは、食の歴史と文化により伝えられてきたものがサプリメントとしてできたもののため、効果の判断が難しい点があります。

まずはベース・サプリメントで土台を作った上で摂取するのがより効果的です。

代表的なサプリメントの種類

青汁・黒酢・ローヤルゼリー・イソフラボン・発酵玄米・カテキン・セサミン・ビール酵母・プルーンエキスなどがあります。

白髪の改善に繋がるサプリメント

セサミン→血行促進
納豆菌(ナットウキナーゼ)→血栓予防
カテキン→活性酸素の除去
クロレラ→活性酸素の除去
ビール酵母→髪に必要なビタミン・ミネラル・アミノ酸が含まれている・老化を抑える

オプショナル・サプリメントとは?

特定の病気や症状の改善を目的として作られたサプリメントです。ベース・サプリメントに普段の食事では中々口にすることがない、薬草やハーブを使用した医療的な部分で伝えられてきたものがオプショナル・サプリメントです。

薬草やハーブを使用しているために副作用や飲み合わせなどの問題や妊娠中・授乳中の摂取の可否があるために注意が必要です。

代表的なサプリメントの種類

イチョウ葉エキス、ウコン、セントジョーンズワート、マカ、エキナセア、高麗人参、冬虫夏草、ブルーベリー、グルコサミンなどがあります。

白髪の改善に繋がるサプリメント

イチョウ葉エキス→血栓予防・脳の血行促進
ブルーベリー(ビルベリー)→活性酸素の除去
アキョウ配合白髪サプリ・『黒ツヤソフト』
白髪サプリ・『ブラックサプリEX』サプリ2

まとめ

ベース・サプリメントは日常的に不足している栄養素を補うものですが、ヘルス・サプリメントやオプショナル・サプリメントは科学的な証明がないために効果を感じるのが難しい、医療品の相乗作用や副作用があるという点で選ぶ際には注意が必要です。また、近年沢山のサプリメントが流通しているため、粗悪品などを選ばないように製造方法や原材料等などしっかりと確認し、安全かつ質の高いサプリメントを選びましょう!

関連記事:

Pocket