Pocket

最近、再びアーモンドの美容効果や健康効果が注目を浴びていますね!

高い栄養価を持っているため近年では美容や健康だけではなく、ダイエットにも取り入れられるようになり、アーモンドを含まれる商品が店頭によくみられるようになりました。

美容や健康・ダイエットと幅広く活躍しているアーモンド、実は白髪にも良いとされています。

なぜアーモンドが白髪の改善に良いとされているのか、アーモンドの栄養価や効果効能と一緒にご紹介していきたいと思います(*^^*)

 アーモンドが白髪にも良いとされているのはなぜ?

アーモンド1
白髪を改善するということも大きく括れば、確かに美容や健康の括りになるかもしれませんが、若返りや美肌、骨粗しょう症の予防など美容や健康・ダイエットで話題になったアーモンドの効果効能が白髪にも良いとされるとなると、これはかなりの相乗効果が期待できそうですよね!

優秀といわれているアーモンドとはどのような食べ物なのでしょうか?

アーモンドとは…?

アーモンドは、バラ科サクラ属の落葉高木であり、そこから採ったナッツのことです。南ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアが主な産地ですが、日本でも小豆島などで栽培されています。

アーモンドの果実は、皮・果肉・核・仁からなり、食用として使われているのは「仁」と言われる部分になります。店頭で見かけるアーモンドは素焼きされたものですが、生でも食べることができます。

アーモンドの高い栄養価

近年では美容や健康のためにアーモンドを摂取している人も多いと思いますが、アメリカではスーパーフードと言われているくらい栄養価が高い食べ物です。

どのような栄養が含まれているかというと、

<ビタミンE>

ビタミンEは食べ物の中でもNO.1の含有量を持っており、1日に20~25粒ほどで成人の1 日に必要なビタミンEの摂取量が取れてしまうほど豊富に含まれています。

ビタミンEには

・抗酸化作用
・血行促進
・生活習慣病・ガン予防
・アンチエイジング

の効果があります。

<オレイン酸・リノール酸>

オレイン酸とリノール酸は不飽和脂肪酸が含まれており、悪玉コレステロールの抑制やコレステロールや中性脂肪が活性酸素により酸化する(=過酸化脂質)ことを予防してくれる、健康に良い油といわれています。

オレイン酸・リノール酸には

・動脈硬化や血栓予防
・悪玉コレステロールの抑制と善玉コレステロールの維持
・脳の活性化
・アレルギーの緩和

の効果があります。

<ミネラル>

アーモンドには『マグネシウム』・『カリウム』・『カルシウム』・『鉄』・『銅』・『リン』を豊富に含み、微量の『亜鉛』も含まれています。ミネラルの含有量はサプリメント並みといわれるほど豊富に含まれています。

ミネラルは健康維持には欠かせない栄養素です。

<食物繊維>

食物繊維でもアーモンドは不溶性食物繊維を含んでおり、便通の改善や食欲の抑制、油分の吸収を穏やかにしてくれます。

<ビタミンB群>

アーモンドはビタミンE以外にもビタミンB群も含まれており、ビタミンB2・ナイアシン(ビタミンB3)、ビタミンB6、ビオチン(ビタミンB7)、葉酸(ビタミンB9)が含まれています。

アーモンドの白髪に良いとされる栄養素は?

アーモンド3
アーモンドが白髪に良いとされるのは、白髪の改善に必要な栄養素が豊富に含まれているからです。どの栄養素が白髪に良いとされているのかは、『白髪を改善しよう!【食事+サプリ編】』にあるような栄養素になります。

アーモンドに含まれているのは

・ビタミンE(抗酸化作用・血行促進・生活習慣病予防・アンチエイジング)

・オレイン酸・リノール酸(動脈硬化・血栓予防)

・ミネラル

・ビタミンB群

が良いとされています。

また、アーモンドは老化予防としても有名で、アミノ酸の1つである『アルギニン』が抗糖化作用を持っています。老化により低下しているAGEsの分解力をあげてくれるため、糖化防止へと繋がります。

1つの食べ物でこれだけ白髪に良いとされる栄養素が摂れるというのはとても嬉しい事ですよね!

アーモンドを摂取する時に注意すること

アーモンド2
アーモンドは豊富な栄養素を含んでいるため、ついつい食べ過ぎてしまいそうになりますが、注意しなければならないこともあります。

・生のアーモンドは素焼きよりも栄養が摂れる分、処理に注意!

素焼きアーモンドは生のアーモンドを燻製(ロースト)したもので、この際に幾分栄養が失われてしまうため、生のアーモンドを食べると良いといいますが、生のアーモンドを食べる時はその分処理に注意をしなければなりません。

生のアーモンドには『酵素抑制物質』が含まれており、名前の通り酵素の働きを抑制してしまうため、身体の消化機能などを低下させてしまうおそれがあります。

酵素抑制物質を無くすためには、『加熱処理』『水に浸して12時間置き皮をむく』のどちらかをしなければなりません。

・素焼きのアーモンドは食べ過ぎに注意!

1粒が食べやすいサイズのため、ついついだらだらと食べてしまいがちになりますが、アーモンドはカロリーも高いため(素焼きは生アーモンドに比べ塩や油分も含まれています。)食べ過ぎは体重の増加に繋がるため気を付けなければなりません。

また食べ過ぎるとお腹を下してしまったり、ニキビやヘルペスができることもあるので、1日の目安として20~25粒が理想です。

生アーモンドを食べるにはミルクやスープがオススメ

生アーモンドは素焼きしたアーモンドのように食感がなく、味もないためそのままではちょっと食べづらいという方のためにアーモンドミルクとアーモンドスープを紹介します♪

生アーモンドの処理が…という方には無塩の素焼きアーモンドでも作ることができます。

<材料(アーモンドミルク)>

・生アーモンド 20~25粒
・水 400CC

<作り方>

①下処理(アーモンドを水に浸して12時間置き皮をむく)をしたアーモンドを水洗いする
②洗ったアーモンドと水400CCをブレンダーに入れて、滑らかになるまでかける
③布巾やガーゼを敷いたボウルやカップにブレンダーの中身を入れて絞る
(粒があっても平気という方はそのままでも♪)

味がもの足りなければ、カカオやシロップを入れるのも良いですよ(*^^*)

<材料(アーモンドスープ)>
・生アーモンド 20~25粒
・オニオンスープ(市販の物でOK)
・生卵 1個

<作り方>

①生アーモンドを下処理したものを水洗いする
②水洗いしたアーモンドをミルに入れて粉末状になるまでかける
③オニオンスープを作って粉末状にしたアーモンド、生卵を入れて混ぜる

まとめ

アーモンドがこれほど豊富な栄養素を含んでいるのにはびっくりですね!白髪の改善に良いとされる栄養素も豊富に含まれており、老化防止や美容・健康・ダイエットで話題になったのも納得です♪

歳を重ねれば白髪だけではなく、若さや肌のハリ・ツヤ、体型や健康面など段々と失われるものが多いですから身体に十分な栄養を届けてあげることはとても大切なことなので、日頃から気をつけていたいですね。

アーモンドがいくら栄養が豊富だと言えど、食べ過ぎには注意!日頃からバランスの良い食事を摂ることを心がけましょう(*^^*)

関連記事:

Pocket