Pocket

レバーというと、昔から貧血予防や改善に良いと言われているのは有名な話ですね。

当サイトでもレバーは「【食事+サプリ編】・銅を含んだ食材」でも出てきていますが、レバーに含まれている栄養素は銅だけではなく、髪に良い栄養素が沢山含まれているんです!

すでに白髪に良いと取り上げているレバーですが、銅以外にどのような栄養素が含まれており、どのような白髪の原因の改善に役立つのか見ていきましょう♪

 レバーが含む栄養素とは?どんな白髪の原因に役立つ?

レバー1
先程も当サイトでの「銅」でレバーが出てきたことはお伝えしましたね。

銅を含んでいる食べ物は様々なものがあり、特に魚介類に多く含まれているのですが、レバー(牛)は銅を含んでいる量がダントツに多いです。

銅は血液を作る時にも重要な役割を持っており、鉄から赤血球を作る時に必要な栄養素です。

そのため、昔からレバーは貧血予防や改善に良いと言われているのですが、髪への栄養や酸素は血液の循環によって運ばれることや、メラニン色素を作る時のチロシナーゼの材料になることから、白髪の改善にも欠かせない栄養素です。

レバーには銅以外にどのような白髪の予防・改善に役立つ栄養素が含まれているのでしょうか。

レバーとは?

レバーは肝臓のことで、日本で主に食用にされているのは哺乳類や鳥類、魚介類の肝臓です。

哺乳類…主に牛や豚だが、地域によっては馬やヤギ、羊のレバーを食べるという所もある。

鳥類…鶏や鴨、ガチョウの肝臓で有名なフォアグラや白レバーも脂肪肝にさせた肝臓でレバーの一種。

魚介類…アンコウやカワハギなどの魚類の肝臓も食用としているが、魚介類はレバーではなく肝と呼ばれている。

主にレバーと呼ばれているのは哺乳類や鳥類の肝臓のことが多いですが、実は肝臓を食用として使われている食べ物はこれだけ種類があります。

レバーに含まれる栄養素

先程、牛レバーは銅を多く含んでいるとお伝えしましたが、他にどのような栄養素をふくんでいるのかというと、

【ビタミン】

・ビタミンA
・ビタミンE
・ビタミンK
・ビタミンB群
・葉酸
・ビオチン
・ビタミンC

 

【ミネラル】

・ナトリウム
・カリウム
・カルシウム
・マグネシウム
・リン
・鉄
・亜鉛
・銅
・ヨウ素
・セレン
・モリブデン

その他アミノ酸や脂肪酸も含まれていますが、

ビタミンA

ビタミンB群

葉酸

ビオチン



亜鉛



セレン

モリブデン

が特に豊富に含まれています。

レバーが白髪に良いと言われる理由

レバー2
レバーが白髪に良いと言われているのは、含まれる栄養素の種類の多さもありますが、豊富な量にもあります。

ビタミン類は抗酸化作用もあり、さらに美肌といったように細胞を活性化し、若々しさを保つアンチエイジング効果があります。

葉酸は細胞分裂に必要な栄養素のため、髪も細胞分裂が行われていることから必要な栄養素ですし、葉酸には造血作用もあります。また、ビオチンは健康な黒髪を保つ効果があるというのは当サイトでもお伝えをしていますね。
(ビオチンについて、詳しくは→『【食事+サプリ編】・ピーナッツ』)

それだけではなく、ミネラルもカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、(ヨウ素)は髪の成長に欠かせません。カルシウムはメラノサイトを活性化してくれますし、マグネシウムと一緒に摂ることで代謝効率を上げてくれます亜鉛も髪の成長を促し、細胞分裂を促す効果があり、鉄は血液内の酸素を運ぶために欠かせないですし、銅は血液を作るのに重要な栄養素です。

これらの栄養素は白髪の原因となる老化や活性酸素、メラノサイトの機能低下や血液、血行不良の予防・改善の効果があることから白髪の改善に繋がりますし、様々な病気の原因となるものを予防することにも繋がります。

どのレバーが栄養価が高い?

先程お伝えしたように、レバーという呼び名が付いているものは哺乳類や鳥類で、その中でも皆さんが主に食べているのは牛・豚・鶏のレバーですが、「どのレバーを食べるのが良いの?」や「一番栄養価が高いレバーは?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

実はどのレバーでも、基本的には先程挙げたような栄養素が含まれていますし、他のレバーと比べて含まれている量が少ない栄養素でも十分に含まれているくらいなので、ここではそれぞれの特徴について挙げると、

牛レバーはが多い

豚レバーは鉄分・亜鉛が豊富

鶏レバーはビタミンAが豊富

といった特徴があります。

例えば、牛レバーが銅が多いなら他のレバーは少ないの?と思ってしまうかもしれませんが、他のレバーでも牛レバーに比べれば少ないですが、それでも含有量としては多い方ですし、他も同様です。

まとめ

貧血予防・改善に良いと昔から言われているレバーですが、実は貧血予防に限らず様々な栄養素が含まれており、健康や美容にもとても良い食べ物です。

調理するとなると独特の臭みや血抜き処理が必要なため、少し手間がかかるというのはありますが、それ以上に得られる効果は大きく、レバーを食べ始めてから体調が良くなったなどの声も挙がっているほどです。

しかし、注意したいのは栄養が豊富すぎるくらい含まれているので、食べ過ぎには注意が必要です。いつもお伝えしているようにレバーも過剰に摂取すれば、逆効果になるので1日の摂取量として3~4g、数週間に1度100g超えない程度を目安にしてくださいね(#^^#)

関連記事:

Pocket