Pocket

白髪に有効とされる栄養素はヨード(ヨウ素)以外にもあり、今回は『チロシン』『フェニルアラニン』についてご紹介します。

チロシンは髪の基礎知識でも出てきた、メラニン色素を作るための、あの『チロシン』です!
『チロシン』と『フェニルアラニン』がどのように良いのか、含まれている食材は何か見ていきましょう(*^^*)

 チロシンとフェニルアラニンの効果とは?

チロシン1
白髪の原因となる、チロシン不足。『チロシン』は食材から摂取する事が可能です。チロシンは髪だけではなく、うつ症状の改善や神経の疲れやストレス、疲労全般や記憶力・集中力に良いとされています。

チロシンは食材だけではなく、体内(特に肝臓)でも作られるのですが、その時に元々の材料になるのが『フェニルアラニン』です。フェニルアラニン自体は体内で作られることがないので、食材やサプリメントでの摂取でしか取り入れられません。

フェニルアラニンの効果・効能は、脳や神経細胞間の信号の伝達をしてくれる役割を持ち、うつ症状の改善、鎮痛作用、記憶力や皮膚疾患の改善に良いとされています。

歳を重ねると髪もそうですが、記憶力や肌もどんどん衰えていきますし、いつまでも若くいるためにも是非摂っておきたいですね。

ただし、フェニルアラニンの過剰摂取に関しては、はっきりとした結論が出ていないため、摂取量を守ることをオススメします。体重1㎏に対して25㎎になるので、体重が50㎏の人であれば1250㎎までの摂取となります。

チロシンを含む食材は何? 

では、チロシンを多く含んだ食材を具体的に挙げていくと

【魚介類】
かつおぶし・すじこ・たらこ・マグロ・ちりめんじゃこ

【豆類】
高野豆腐・大豆・きな粉

【乳製品類】
チーズ

【穀物類】
小麦

【海藻類】
あまのり

【種実類】
ピーナッツ

があります。
チロシン2

含有量(100gあたりの含有量が多い順)順

 

1位:かつおぶし 2600mg 5位:きな粉 1300mg
2位:小麦 2500mg 5位:大豆 1300mg
3位:高野豆腐 2200mg 8位:すじこ 1200mg
4位:チェダーチーズ 1400mg 8位:あまのり 1200mg
5位:プロセスチーズ 1300mg 10位:たらこ 1100mg

 

フェニルアラニンを含む食材は?

また、フェニルアラニンが含まれる食材は、

【穀物類】
小麦

【魚介類】
かつおぶし・すじこ

【豆類】
高野豆腐・きな粉・大豆・さらしあん・緑豆

【肉類】
ゼラチン

【種実類】
ピーナッツ

があります。
チロシン3

含有量(100gあたりの含有量が多い順)順

1位:小麦 4100mg 4位:大豆 2000mg
2位:かつおぶし 3000mg 7位:さらしあん 1600mg
3位:高野豆腐 2900mg 8位:すじこ 1500mg
4位:ゼラチン 2000mg 8位:緑豆 1500mg
4位:きな粉 2000mg 8位:ピーナッツ 1500mg

 

 まとめ

フェニルアラニンが材料としてチロシンが作られますから、2つの栄養素が含まれる食材も同じものが多いのですね。フェニルアラニンに関しては、高血圧・心臓病を患っている方や妊婦の方は過剰摂取は良くないので、基本的に摂取量は守った方が安心です。

栄養素を一生懸命に摂ろうとする事は良い事ですが、過剰摂取を防ぐためにもバランスの良い食事をする事が髪や肌だけではなく、身体の健康にも繋がってきますよ♪

関連記事:

Pocket